welcome back

とても思い入れがあったのだけれども、思い出を重く感じて、ある日、クローゼットから衣装ケースに移して、別の場所に移動させたら、全く見つからなくなった洋服たち。 処分してしまったのだろうな、とずっと思っていたのだけれども、なぜか、今日見つかりました。 ある方から預かっている荷物の後ろにあった。 6年間行方不明だったのだけれど、奇跡的にどこも傷んでいなくて。 一度気に入ったもの、好きになったものは、ずっと好きなのです。 決まって一目惚れ。 高校生の頃にデパートに一緒に出かけて、母に買ってもらったスカートもまだあるし(ただ、この丈はもう履いてはいけないかな、と思い、それこそ眺めて愛でているだけだけれども。J. Pressのディテールが美しいストライプのスカートです)。 一番下の弟の小学校の卒業式で着たジャケットも見つかりました(写真とは別の)。 裏地だけ張り替えて着ているような何十年選手の洋服が数点あります。 写真のジャケットは、ロンドンで作られたもの。 これも15、6年は経過しています。 リサイクル素材でできていて、全て一点もので、作品に近いものでした。 残念ながらもうこのお店はなくなってしまったのだけれども。 タグに書いてある文章はこちら: This jacket is made purely from recycled material. This jacket is reversible and unique. No one but you could have this one. This jacket is sewn in East London, where we are

collage

ミヒャエル・プラッツ。 ハイドンが住んでいた建物があります(入れないけれど)。 そして、この写真には私の手が写り込んでしまっている。 このあいだの夜の散歩で撮った写真です。 風を感じながら、一人でぶらぶら歩くのが好き。 だいたい、いつも何かを考えているし、外に出れば、出たで、世界は面白いものにあふれているので、だいたい、いつでも楽しい。 まだ日本に住んでいた時も、夕方、夜に高校や大学から自宅に戻るための電車から眺めた灯の灯った家を眺めるのが好きでした。 こんな感じ。 ちなみに、これはWiener Werkstätteに所属していた芸術家たちの作品のポストカードです。 電線が日本的な感じで、電車から眺めていた風景をすぐに思い出しました。 Tete a teteというのは、差し向かいで、というのが原義です。 映画自体は見るのを勧められないけれど、Kingsmanでコリン・ファース氏がこの言葉を使っているシーンがあります( I should have a tête-à-tête )。 これは、なんだか良い言い方で耳に残っている。 Wolkenkratzerは英語だとskyscraper。 どちらも、空を引っ掻くという言葉で、高層ビルのことです。 これに関しては、日本語より英語やドイツ語の方が夢があって、高校生の頃からのお気に入りの単語です。 訳すと、高層ビル968階でのランデヴー。 そして、この夜に飛ぶ飛行機の男性も好きなんですよね。 サン・テグジュペリの『夜間飛行』を思い出す(日本語だと新潮文庫で良い日本語訳がでているので、読んでみてください。サン・テグジュペリは『星の王子様』で有

Freude

とても嬉しい知らせをもらって、号泣。 数年前にドイツのヒルデスハイム大学の歴史学で講義をしたのだけれど、そこで知り合った学生さんのなかに、とんでもなく優秀な学生さんがいたのでした。 日本が好きだという理由だけで、お金をためて、東京にも京都にも寄らず、なぜか北海道にバックパッカーとして旅に出たという男の子。 日本人の私による東アジアとヨーロッパの関係史に関する講義を受けてみたいということで、特に単位は必要なかったのに、授業に出席して、とにかく最初の授業から強烈な印象を残したのでした。 なんでも質問して、と言ったら、自由なのだけれども、遠くの点と点を結びつける力が圧倒的な教養に支えられていることがわかる質問ばかりでてきて。 その質問が生み出される頭の中の世界は、素晴らしい研究者になれることが約束されている人の頭の中の世界でした。 一コマ目が終わって、休憩時間に話しにきたので、研究者になるの?と尋ねると、 経済的な理由で進学できない、教職を取り、学校の歴史の先生になるつもりだと話していて。 実際、土曜日の午前中の授業は、バイトと弟の面倒を見るために出られなかったくらいで。 日本語も学べる環境ではなく、大学図書館には日本に関する本もないのに、素晴らしい本ばかりを自分のバイト代で買って読んでいて。 全講義が終わり、授業のお礼を言いにきてくれた時に、教室で少し話したのだけれども、 どうもこれまで学校での良い思い出がなくて、ちょっと世の中を斜めに見ているようなところがあって。 持っている力の出力レベルを相手に合わせて下げている感じがあり、それで変な評価をもらって、その評価を自己評価にして諦め

a pair

クライスラーの演奏が素敵すぎて、聴いていると幸せになりすぎてしまう。 下手をすると仕事になりません。 これは、前に撮った写真。 朝。 鳩のつがいがよく遊びに来るのだけれども、鳩って、一年中仲良しなのね。

Fritz Kreisler II

第二次世界大戦前の録音。 1917年から1930年前まで。 音楽のことはよく知らないのだけれども、とてもウィーン的な感じがします。 このあたりのメロディーの可愛らしさ、華やかさ、人間らしさがとても好きです。

Fritz Kreisler

ある本の校正を進めながら聴いているのは、クライスラー。 クライスラーの曲も、演奏もどちらもとても好き。 人柄にも強く惹かれる。 これは、私が持っているクライスラーの伝記の初版。 日本語では、白水社から日本語訳が出ているはず。 不思議なことに、この本とカザルスの伝記を読んでいたことで、今、校正を進めているご本の著者の方とのご縁ができたのでした。 全く同じ本を持っていて、二人してちょっと驚いた。 ちなみに、もう一人、仕事で長年ご一緒している方がやはり全く同じ本を持っていて、それも驚いたけれども。 人生は不思議。 何事にも、ある日突然、答えあわせをする日が巡ってくる。 物語は、深く愛している対象から紡がれている。

Tomaselli

ザルツブルクのトマセッリ。 少しの間、ザルツブルクへ行きたい。 オーストリア、スイス、クロアチアでも感染者が確認されました。 オーストリアはインスブルック。 広がるのは時間の問題だろうなあ、と思います。 3月はなかなか大変ですね。 治療等にあたられる方の安全がまずは確保されますように。 こういう時は、何かあった時のガイドラインを確認して、不要不急の移動を避けたり、予防を徹底したら、あとは普通の暮らしを続けるのが一番良い気がします。 判別する力もないのに、むやみに情報を収集しても、むしろ自分の判断力を低下させるだけの気がする。 でも、ウイルスが人工的に作られたものか、そうでないかで意見が分かれていることには関心があります。 人工的に作られたものであれば地上で永続的には存在できないので、収束する可能性が高いんですよね。 責任問題は今は大事ではないので、収束する方法を見つける方向で協力できますように。

Be unique

2020年に出る本は3冊、書き終える本は1冊。 なので、今年の本の仕事は計4冊。 ・服部豊子さんのご本(編集協力、日本語):3月〜4月 ・安倍晴明物語のドイツ語訳:春 ・共編・著の本(ドイツ語):秋 書き終える予定の本は、 ・青木周蔵(ドイツ語):冬(出版は2021年春) 継続・始める本: ・短編小説のドイツ語訳 ・もしかすると、あるドイツ語の史料集の日本語訳 ・単著(ドイツ語) そのほかにプロジェクトを4つ進めています。 このうちの2つは、お城の関係の仕事(2021年)。 それ以外の2つは、0→1(2021年)。 とりわけ最後の2つは、これまでの私の経験してきたことの集大成のような仕事になるかと思います。 Be unique. 自分というものを突き詰めると、それぞれに他の人と違っていて当然だと思うのです。 自分を含めて、ひとを型にはめる必要性を感じません。 自分に与えられている才能や特性に責任と愛情を持って、それらを磨く方が、社会には大きく貢献できるように思っています。 この場合の社会というのは、自分の国籍とも関係がなくて、広く「世界」という意味です。 自分の持っているものに誇りを持ち、お互いに持っているものの違いを尊重して、それぞれを生かす方向でコラボレートすることが、これからの世界にあっては、相乗効果の高い、多幸感に恵まれる繋がり方なのではないかな、と思います。 年齢も肩書きも、ひょっとすると経験値も関係なくて、準備ができている人から声がかかるような世界。 才能、実力、個性で引き合う世界。 そのうち語学は、自分を自立させるものだと思うのです。 真の意味で、自由にさせるもの

Spaziergang

夜の散歩。 教会にもお祈りに。 体力のない高齢者の方や病気を患っていた方から命を落としているようなので、胸が痛い。 アメリカのインフルエンザも同様の状況らしいので、これ以上の犠牲が出ないよう、どうか早く収束するようにと祈るばかり。

24. Feb. 2020

今朝の空。 嬉しい春の訪れ。 ヤドリギ。 短く切った薔薇。 月曜日は、お花屋さんにお花がたくさん並んでいて、嬉しい。 今は、こちらは休暇期間中です。 私は本の仕事をしているけれども。 カザルス。

Bill Evans II

すごく久しぶりにビル・エヴァンスばかり聴いている。 年末の大掃除並みの大掃除をして、クタクタ。 でも、おかげでちょっと殺伐とした仕事部屋と化していた自宅が、居心地の良い自宅に戻った。 明日は、いつものお花屋さんで自分のための薔薇の花束を作ってもらう。 心の栄養。

"Poweranzüge für Powerfrauen"

Bossから今シーズンの洋服のラインナップを知らせるメールが届く。 SETZEN SIE EIN STATEMENT Poweranzüge für Powerfrauen Feiern Sie die Power des Anzugs. Mit dem neuen Tailoring in saisonalen Blautönen von BOSS Womenswear strahlen Sie Stärke und Stilbewusstsein aus. (©︎ Hugo Boss) 短い文章にPowerが三回、Stärkeも入れると4回同じ意味の言葉が並んでいて、そのメッセージの強さに思わず笑ってしまう。 何も着ないでジャケットを羽織っているのは、それはないでしょう、捕まるでしょうとちょっとおかしくなってしまうのだけれども、車の宣伝に登場するチーターなどの動物の強さと美しさの表現と似ていて、女性のありのままの美しさと強さに焦点を当てているのは、格好良いなと思う。 ショーウィンドーに並んでいるスーツを着たマネキンにもスニーカーが合わせられていたので、「これは男性用なのかしら、女性用なのかしら?」と思っていたのだけれども、今季のテーマがこれだとわかって納得。 ヒールではなくて、スニーカーだということにもメッセージがあったのね。 この辺りのことについてもいろいろと思うところはあるのだけれども。 個人的には、ジェンダーのオリエンテーションと関係なく、スカートとネクタイはジェンダーの枠組みを外した一般的なファッションアイテムになっても良いのではないかな、と思います。

Bill Evans

ビル・エヴァンスのピアノの音色は、甘露のよう。 見るからに完璧主義な芸術家だったと推察されるけれども、彼も薬で身体を壊してしまったのよね。 思うところがあって、眠れなくなってしまったので、夜に考えごとをしながら香水の瓶を磨く。 この二つはウィスキーみたいだな、と思いながら。 とりわけココ・ノワールは、スモーキーで甘さが際立つ夜の香り。 ビル・エヴァンスのライブ映像などを見ていると、昔の方が「大人」の愉しみというものがあったのではないかな、と思う。 大人になるというのは、年を取るというのとは違う。 大人になるというのは、心も格好良くすることかもしれない。 大人とは、心を鍛えている人。 心を鍛えると、深く愛すること、慈しむことができるようになる。 そこから大人の装いや振る舞いというものが生まれるのではないかな。 なんだか、美しいものにとても餓えている。

Luxury No.1

前に買った薔薇の写真。 うまく撮れなかった写真(なぜか、何度撮っても、下のハンドクリーム・バーにピントが合った。これは、これで良いけれど)。 このハンドクリーム・バーは、エジンバラのスキンケア専門店で作られています。 はちみつがメインで、ラベンダー、ゼラニウム、スウィート・オレンジ、ライム、フラキンセンス、ミルラ、クローブが使われています。 ハンドクリーム・バーは、固形なので、使いやすさはないのだけれども(夏はベトっとして、冬は手のひらでしばらく温めないと、塗れません)、肌に馴染む感じと香りが素晴らしくて、大好きなのです。 眠る前に使うのが良いかな。 魔女みたいな世界が大好きなのだけれども、それは65歳を過ぎてからの第二の人生。 何かのかたちで、カウンセラーをしようと思っています。 話を聞いて、お庭で育てたハーブを調合したお茶を出すだけのカウンセラー。 人の言葉を聞くのが、大好きなんですよね。 今はまだ、別の課題が自分にはあるので、そちらには進めないとわかっているけれど。 私がこれから拠点とするのは、ウィーン、イギリス、北欧。 この3つ。 晴明の本が出たら、次にドイツ語への翻訳に挑戦してみたい文学作品があります。 中学生の頃から、私が愛してやまない日本語の短編小説です。 ヨーロッパ言語に一番訳しにくい世界で、まだ英語にもなっていないのではないかな。 言語の世界における印象派。 日本語の魔法を駆使した世界。 ドイツ語に置き直した時点で、壊れてしまうものを壊さずに残すことに取り組んでみたい。 今の私なら、なんとか取り組めるかな。 何かが始まる感じがしますね。 落ち着かないけれど、楽

Rose

ふらりとお花屋さんに吸い込まれて、一本だけ購入した薔薇。 なぜか、ダマスクスローズと紹介されたけれども、花弁のつき方が違う。 でも、良い香りです。 家の窓辺には、今、いろいろな種類の薔薇が並んでいる。 撫でたり、香りを楽しませてもらったりして、眺めるたびにいいなあ、と思う。 お花の中で、薔薇が特別に好き。 どの関係においても、近くにいるのは、自分でいることが楽しく思える人が良いとはっきりと思う。 誰かの近くにいきたいなら、敬意を。

Dorotheum

オークションハウス、Dorotheumへ。 次のオークションは絵画。 美術館と違って、値段がわかるのが面白い。 Dorotheumには、ちょっと疲れると、フラッと散歩に出かける。 今日は、ノルウェーのフィヨルドを描いた絵に惹かれた。 百合が良い香り。 何かに反射して、虹ができていた。 宝石がずらっと並んでいるフロアがあるのだけれど、あそこだけは歩いているとぐったりしてしまう。 なぜでしょう。 しばし、散歩。 そして、いつものカフェへ。 なんだか数字の並びが綺麗だったので。 もう金曜日。 今週は風のように時間が過ぎた一週間でした。

world atlas

私の好きな付箋。 昔、無印良品で購入したもの。 仲良くしなくてもよいから、同じ星の住人として共生の道を見つけたい。 これからの世代の人たちの見る夢や抱く希望、理想に則って、世界を作ること。 それが、自分の良心に従って決断できる大人の仕事だと思っている。 EUのあるコミッションに参加していて、ジャンモネ・チェアのタイトルを有しているドイツのヨーロッパ史の先生に連絡をとる。 辞書に保身なんて言葉がないぐらいに理想に生きる人で、ブルドーザーのように進むからか、敵も多くて、人生においてとんでもないアップダウンを経験している先生。 今、私が考えていることにおいて、この先生の考えを仰ぎたいことがある。 終わりと始まり。

Adieu

Thonetの椅子。 背もたれの模様や脚の曲線が美しくて、とても座り心地が良い。 背筋が伸びるので、手紙などを書くときに座る。 もう一段階段を登りたいので、色々と処分することにする。 ボンの時代から使ってきた家具は、全て処分することにする。 今月末に引き取りにきてもらえることになった。

Habilitation

いつか、ウィーンでもお庭のある家に住んで、お花やハーブを育てて暮らしたい。 その日のために、イギリスでハーブに関するちょっとした資格を取得して、お茶を配合することはできるようになった。 『魔女の宅急便』に「くすりぐさ」のお話が出てくるけれども、あの感じが好き。 植物を育てたいなあ。 国籍だとか、ジェンダーだとか、年齢だとか、肩書きだとか、そういうことの枠組みの中で生きていると、自分の能力や個性や夢を生きることができない。 みんな、いつかは棺桶に入る。 それを想像することは悪いことでも不吉なことでもなくて、自分が終わることを想像した時に湧いてくる、 自分への執着、生まれてくる欲求、希望を生きることが、生きている間の仕事のようなものだと思っている。 自分の成長のために生きている。 私は、やっぱりドイツ語圏の歴史学で教授資格を取ろうと思う。 そのために磨いてきたドイツ語。 そのために積み上げてきたドイツ語での著作。 それが、来年の春先までの目標。 その先にも目標が続いている。 自分の才能を生きること。 この一年で、それらの目標を達成するためにならないことは、終わりにする。 叶えたいことがあれば、一人でも始めるし、一人でも進む。 一人は、平気。 私にとって、一番の問題は、自分と友人でいられなくなること。 生まれついた自分を生きましょう。

D-Wagen

私の好きなトラム。 木の椅子。 写真は、前に撮ったもの。 今日は仕事がひと段落ついたら、便箋と封筒を注文しに、Huber & Lernerへ。 仕事を一緒にしている方が一区の区長に呼ばれて、今日の午後に会いに行くらしい。 区長さんが話したいらしい。 なぜでしょう。 心に嵐が吹き荒れていて(悪いことではないです)、大きな変化を感じるけれども、 電車の乗り換えの時期なのだろうなあ、と思う。 目的地が変わるときというのは、自分が別人になるかのよう。 ただ、この別人のように思われる自分が、本来の自分だったような気もする。 余計なところに力を入れて、無理したり、戦ったり、得意でないことを頑張ったり、 気づいたら隠していたような自分が許されるような交流が増えていて、ありがたいな、と思うばかり。 もしかすると自分の居場所を間違えていたのかも。 でも、今の自分を嫌いではないばかりか、気に入っているのだから、ここに至るまでの学びの過程だったのだとも思う。 ちょっと仕事を頑張って、休みをとり、15年前に初めてウィーンに来た時と同じコースでウィーンを歩いて回ろうかと思う。 夏に訪れて、なぜか強烈な印象を受けたシュトラウスの家を再訪したい。 あそこに今、再会すべき自分がいる気がする。

​Autorin 
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​© 2012-2020 Nana Miyata