2020

運を風に例えると、私は、自分で作る運の方が、運勢より10倍は強いと考えているので、 やはり自力本願の人間です。 天は自らを助くるものを助く。 人知を超えたことを知っているということそのものには、あまり興味がない。 人間として、いかに生きるか、何をなしたか。 これだけが、その人の栄冠。 何を言ったか、どう考えたか、そういうこともどうでもいい。 その人が、どういう時にどういう行動をとったかが、その人を表す全て。 2020年は、全く新しいスタート。 本をバリバリと書きます。

Seven Sisters Cliffs

先々週のイギリスでのブログをアップしていなかったので、アップしました。 グラストンベリーからブリストル、ブリストルからロンドン、ロンドンからイーストボーンに移動して、 翌日Seven Sisters Cliffsに向かったのだけれども、ここも非常に独特な場所でした。 11月に行くべき場所ではないかな。 雨で道が非常にぬかるんでいて、海岸に出るまでの道の状態が非常に悪く、 一緒に向かったイギリスの友人は滑って転んでいました。 途中、その道で出会った人は、特殊な長靴を履いたプロのカメラマンの人だけで、君たちには難しいよ、と言われたぐらい。 それがここ。 海に近づくにつれて、どんどん足元が悪くなる。 この季節のイギリスは天気が非常に変わりやすいから、道中、そのことにも気を配りながら安全第一で進む。 風の向きから推測するに、雨雲は私たちにとっては後ろから追うように来ていて、歩いている間は、見事に雨には降られずにずっと歩くことができたのだけれども。 自然は友達ともいうし、実際、自然の中を歩くことが好きだけれども、 地球において人間という個体がいかに弱い生き物であるかを知ることにもなる。 そういう場所にいて、雨雲を注視したり、風の流れを読んだりしながら歩いていると、 時間の流れも鋭く感じられるのだけれども、そんな場所でふと思う人間の生というもの。 私たちが人生と呼んでいるものって、結局、人間のコミュニティで起きるドラマなのよね。 シェイクスピアの戯曲ですでに描かれていること。 人間のコミュニティで起きるドラマから学ぶことはあるけれども、でも、そこで学ぶことにあまり意味はないのではないかと思

Glastonbury

6時半発の飛行機でロンドンへ。 入国審査が大変だろうと思っていたら、日本国籍の人は、自動ゲートを利用できるようになっていた。 拍子抜けするほどさっと通過して、コーチステーションへ。 ブリストル行きの長距離バスに乗り、 ブリストルのコーチステーションで、グラストンベリー行きのバスに乗り替え。 いろんな人に声をかけてもらって、スケジュールを前倒しで13時に到着。 みんないい人だ。 ホテルに荷物を預けるだけのつもりが、お部屋に入れてもらえたのも、ありがたかった。 イギリスは天気が変わりやすいので、青空の見えているうちに、一番行きたかったところから行こうときめて、塔へ。 よくわからないけれども、これを見て、ここに来たくなったのだった。 しかし、なぜか、民家のあるところから向かってしまい、牛とか羊の間を歩くことに。 これは確実にルートを間違えているな、と思いながらも、のしのし歩いていたらば、ルートに戻れた。 しかし、上に向かって進み始めると、階段はなだらかなのに、なぜか、恐怖がわく。 この恐怖って何だろうな、と思ったら、強風にあおられていた。 耳には轟音。 しかも、ものすごい追い風で、厚手のダウンが船の帆であるかのように、風を受け止めて、体を前へ、前へ運ぶので、途中でこれは、ちょっと危ないのではないのかしらと思い、ベンチに座ったら、後にも先にも進めないぐらいの強風。 手すりがないので、風に煽られると簡単に体を持って行かれる。 眼下には絶景が広がっているけれども、自分のいる場所の高さを認識してしまい、恐怖が追加される。 塔が見えているけれども、あきらめようか、と思うと、風が止む。 そこで、

Alice's Adventures in Wonderland

不思議の国のアリス。 折に触れて読み返したくなる本なのですが、イギリスでの旅で、白うさぎを見つけたのでウィーンに戻ってから一冊購入することに。 それが、なんとも言えない素晴らしい装丁で驚いたのでした。 8ユーロぐらいだったと思うのだけれども。 Macmillan Collector's Libraryから出ているものです。 金色の縁に、見返しはウィリアム・モリス。 カバーを外すと布張りです。 なんて美しいのでしょう・・・。 今後、英文の本を読みたくなったら、Macmillan Collector's Libraryで購入することを決めたのはいうまでもありません。 本当に素敵。 ちなみにこの白うさぎはクリスマスツリーのオーナメントのようですが、精巧に作られていて、重さがあります。 この本と一緒に届いたのは来年の手帳。 スマイソンはお休みして、デスク手帳も持ち運ぶための手帳もアイディアを書き記すための手帳もモレスキンで統一。 それと、とあるメゾンの手帳を計画用に。 来年は4冊で行きます(ものすごく「書く」ので、用途を分けないと訳が分からなくなる)。 本の仕事が立て込んでいるけれども、久しぶりに物語を読むこととします。

Buchbesprechung

11月10日付のDie Presseにドイツ語のモーザーの史料集の書評が出ました。 かなり大きく扱っていただいております。 ありがたい。

seven sisters cliffs

もう1箇所イギリスで行くところとは、seven sisters cliffs。 グラストンブリーもseven sisters cliffsも魂の洗濯のようなものだな。 今は、なぜか、テレビ番組の構成を考える仕事をしているけれども。 経験としては面白いけれども、ナンジャラホイ。 さてさて頑張ろう。

new book

こちらの本が私の手元にも届きました。 オーストリアの大手紙die Presseに書評が掲載されるようです。 この本の魅力が伝わると良いなあ、と思います。 学問的に、とても深いのです。 さて、来週は、イギリスに行くことに。 グラストンブリーという街と、あるところへ。 今週末までにテレビ番組の構成を考えて、 明日までに展示の構成を考えて、 今日の夜までに初校を終える。

hope

希望を持つと言うことは、都合の悪いことに目を瞑ると言うことではない。 わずかな可能性が実現することを信じるということでもなくて、現実的に対処すると言うこと。 ここから世の中は本当に大きく変わると思う。 その変化に対して、すごく保守的な方向に気持ちが向かう人もいると思うけれども、 何かに寄りかかることで安定が得られる社会ではなくなる。 建物が崩れるのと一緒に人生が崩壊するようなことになるのではなくて、 自分で自分にリーダシップをとって、適切に次の一手を打っていく必要がある。 どんな働き方をするにしても、得意なことで勝負できる強い個であることが大事。

the next world

ある方の本の編集。 鋭く描かれていて、これは、日本の人は気分を悪くするのかもしれない、と思い、ちょっと直している。 本当は世に出した方が良いように思われる文章だけれど、強烈に批判されるだろう。 極端なことを言ってしまうと、 今の状況では、日本の人で日本で生きていける人は、海外では生きていけないし、 海外で生きていける人は、日本では生きていけない。 必要とされる強さやスキルの種類が全然違うからだ。 いろんなことのスタンダードが違う。 私は、若い人には、自分の生きたい土地で生きていけるための現実的な装備を整えると同時に、想像力や考える力を鍛える教育の場を提供できたらと思っている。 そのために自分の人生があると思っている。 未来には可能性しかない。 良き想像を現実にする実行力で未来はいくらでも良いものになる。 今の状況を嘆かず、誰か他の人の仕事だということにもせずに、自分にできることで変えていく。 変える。

take care

打ち合わせから帰宅する途中で、お花屋さんに吸い込まれる。 疲労を感じたので、自分にご褒美の花束を作ってもらう。 私が花束を作ってもらうと、こんな感じの色合いが多くなる。 お花屋さんで眺める分には大ぶりの紫陽花も好きなのだけれど、どうも家の中に紫陽花がある感じが苦手で、紫陽花を自宅に持ち込めない。 紫とグリーンなどのニュアンスのあるグラデーションの紫陽花は、大好きなのだけれども。 フリージアが良い香り。 胃がもやもやして、味の濃いものを食べたくなったけれども、 今日はそれもぐっと踏みとどまり、湯豆腐にする。 それと燻製されたサーモンをつつきながら、白ワインで乾杯。 疲れるとなぜか乱暴になりがちなのだけれども、労る。 ワインも一杯でやめておいて、夜のデザートをいただく。 大福とミルクティー。 至福。 今日、ある人の話を聞いていて、色々と思うことがあったのだけれども、 一つ確実に言えることは、人に嫌われることは基本的にはどうでも良いことだけれども、自分自身に嫌われることは深刻だよということ。 そもそも、あなたを嫌う人からされたり言われたりすることが、あなたの人生をよくしてくれるでしょうか、何かの助けになってくれるでしょうか。 悪意のある人の何かというのは、無責任極まりない、エゴイスティックな不幸の呪いのようなものなので、百害あって一利なし。 どんな理由であなたを嫌っているのか、不満を抱いているのかわからないけれども、 多くの場合において、それらしい理由があったとしても、基本的にはその人の勝手な欲望なのです。 自分に従わせたいとか、自分より優れているのが不満だとか、目立つのが気に入らな

​Autorin 
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​© 2012-2020 Nana Miyata