April

天上天下唯我独尊

a beautiful dream

人生でやり残したことはないはずなのだけれど、未来の時点でやり残したと感じそうなことがあるから、 やるかと決める。 そうすると、素敵な夢を見た。 延々旅をする夢。 綺麗な水、綺麗な山、綺麗な道。 太陽の光の届かない惑星での旅だけれども、 やはり、それをしないと動かない何かがあるのだろうな。 通過儀礼なのだろう。 その鍵を持てば、未来に開ける扉があるということ。 近道をしようとすることの良くないところは、この鍵を集め損ねること。 意味のあることばかりをしようとすると、大きな計画からは外れる。 だから意味がよくわからないけれど、行っておくか、やっておくか、乗っておくか、ということでよかったりする。 点を打つというのは、そんな感じ。 そうして、出会うべき人とは、どんな道を進んでも出会うのだから、 人生はコントロールを欠いていると思えるときこそ面白い。 イギリスには、イングランドとスコットランドがやはり分裂する未来が待ち受けているのかな。 驕りは身を滅ぼすよ、とイングランドを見ていると思うけれども、それもまた歴史なのだろう。

Ästhetik

最近、美しさについて考えることが多いな。 それとシステムについて。 とても多くの人が、自分というものを現在のシステムの一部にする生き方を当たり前に思っていることを不思議に思う。 システムって古くなるよね。 あらゆる仕組みはある時に作られて、維持されているから機能しているだけで、絶対のものではない。 でも、人は、なぜか一生懸命にその仕組みの中で生きようとする。 そのことを不思議に思う。 今の仕組みとは合わなくてもいいじゃない。 他の人と自分は違っていていいじゃない。 その違いを真摯に生きる方が価値を生み出せるし、自己重要感が増して充実した時間を過ごせる。 そもそも人は他人と違っていたい生き物なのだ。 だから、違いを適切に表現できなければ、別のところで違いを生むための醜い争いを起こす。 自分を見てもらいたいようには見てもらえなかったいう理由だけで癇癪を起こすこととか、 マウンティングなどがそうだよね。 確かだと思いやすいことは、みんなが揃って見ている幻想にすぎなかったりもする。 幻想をメタ認知できるような個として生きるのでなければ、自分を生きるとは言いにくい。 みんなと違うと不安だから、同じ道を行くけれど、違っていたいから競争したり、争うという人に足りないのは孤独への耐性かも。 生き物として少し弱いのだ。 その弱さが他者への攻撃や支配につながるのではないかな。 私が芸術家に惹かれるのは、この孤独への耐性が強いからなのかも。 孤独が深い人は、美しい。 人は誰しも、もう少し孤独に強い生き物になれるといいのかもね。

St. Ives

イギリスのセント・アイヴスという街。 ランズエンドからバスで出かけたのだった。 こういう街で一生を送るタイプの人って好きだな。 私にとっては、近くて、とても遠い存在だ。 フランスのアルルに行った時にも同じことを思った。 カマルグのお塩のパッケージを見て、カマルグに行くべく、南仏に向かったのだけれど、 思いがけなく素晴らしい世界があったのよね。 あんな街で一生を送れる人生は、すごく豊かな感じがする。 芸術家のように、好きな街を渡り歩いて、アトリエを構えて、自分の世界に向き合う、取り組むという人生が、私は結局好きなのだろうな。 そういう仕事、そういう人生がいい。

Bienenwachskerzen

イースターに合わせて作られたはちみつのろうそく。 クリスマスとか、シーズンに合わせて色々なデザインのものを購入しているけれど、どんなかたちでも案外と綺麗に燃える。 今日も坂本龍一さんの音楽を聴いている。 静か。 美しいものはいい。

Honig

はちみつでできたものならなんでも試してみたくなる。 家で使っているキャンドルは、はちみつ専門店で購入しているはちみつの蝋でできたキャンドルだし、 ハンドクリームもはちみつ。 石鹸もはちみつ。 お茶用のクリームのはちみつとトースト用のさらりとしたはちみつは常備している。 今日は、こんなのを見つけた。 普段、シリアルは食べないのだけどね。 パッケージがかわいくて、つい商品に手が伸びた。 ミルクもあまり飲まないのだけど、大きなパックを買ってきた。 ずっと坂本龍一さんがピアノを弾いていて、大貫妙子さんが歌っている音楽を聴いている。 さてさて。 どーんと物事が大きく動く予感がするな。 ここに今あるのは、そういう静けさだ。

nächste Generation

これは、どこだったかな。 イギリスのどこか。 地球は綺麗だけれど、人間として生きるのはどうなのかな、と思ったりもする。 これから何世代まで、人間はこの惑星で生きていけるのだろう。 時々、別の惑星にいる夢を見る。 太陽の光が届かない惑星。 人間はいつか宇宙旅行はできるようになるだろうけれど、 住むことはできないのではないかな、と思う。 火星への移住計画とか本当にあるみたいだけどね。

April

3月と4月でぱきっと変わるのだろうな。 誰もがみんな、今いる場所にはもう戻れない。 そして、4月からの世界には、私にも未知なところがある。 棲みわけみたいなことが完了しているのは確かだけれど。 3月は最後の攪拌。 これは、セントアンドリュースの海辺。 エジンバラから、よく行った場所。 大学生がポロの練習をしているのをよく見かけた。 一度、女の子を振り落として、淡々とまっすぐに走って行った馬を見た。 馬は人間のことを本当によく見ている。

Vortrag

講演会。 結局二ヶ国語で自分で同時通訳しながら講演することに決めたけれど、私の頭はどうなるのかな。 すべきことが多い時に天気が良いのは助かるな。 爽やか。 でも、やっぱり、もう一軒家を借りたい。 緑の多い場所に広い一軒家を借りたい。 というか買いたい。

イチローさん

小学校の同級生にとってのいとこがイチローさんだった。 その頃から背中を追いかけていたところがあるな。 イチローというあだ名は、あらゆる点でちょうど良かったんだろうな、と昨日のインタビューを見て思う。 インタビュー自体は、同じ人間だとか同じ日本人だとか同じなんとかでくくって、 個人への関心や敬意を忘れがちな日本の社会に特有なものに思われたけれども。 孤独感の質問に関して、 アメリカに行って外国人だと気づいた。 それに気づけたから人の心を慮ったり、人の痛みを想像したりできるようになった。 辛いことは避けずに元気があるうちに挑戦するべき。 という返事があった。 これは、イチローさんの言葉だから、届く範囲も広いだろうな。 外国人の自分として世界で生きていく。 エイリアンっぽくてちょうどいい。

vernal equinox day

昨日は、春分の日だったのね。 ある漫画家さんの作品を紹介させていただきたいな、と12月頃から考えていたのだけれども、 どうやら一つの形では近く実現しそう。 早い。 でも、本当はもう少し踏み込んだものもコラボレーションさせていただきたいと思っている。 昨日の児童書の展示で確信を得たので、これは実現すべきだろう。 別の本の仕事。 かたちにするなら今年中に、というものが一冊ある。 200ページぐらいの本。 これはいけるのではないかな、と思っている。 スピードを上げられるタイミングが近づいてきているように思うので、あともうちょっと。

Kinder- u. Jugendliteratur

児童書の展示会へ。 子供ばかり。 隣に座って本を読んでいた子が、涙を流すほどに笑い転げていたので、 引率の先生が何がそんなに面白いのか教えて?と話しかけていた。 その子は、まともに話すこともできないぐらいに笑っていたから、 つい先生も私もつられて笑い出す。 こんな本の読み方ができるなんて、いいなあ、と思う。 ある女の子は、展示室の片隅で一冊の本をずっと読んでいた。 途中で退室しなくてはならなくなり、悲しそうな顔をして、部屋を去っていった。 お母さんかお父さんにまた連れて来てもらえるといいね、と思いながら見送る。 集中して本を読みすぎて、グッと疲れて、いつものカフェに向かう。 なぜか、横断歩道を渡ってきた人にコーラスに入らないかと誘われる。 その人が口にした言葉が、私が次の本のタイトルにと考えていた言葉だったので、 これはいけるんだな、と思う。 今、新たにいただいている本の話が3冊。 緑の多い場所にもう一つ部屋を借りようかな。 そういう場所にこもって本を作りたい意欲がムクムク湧いてきた。 本を書く意味が、ようやくわかった。 ということで、いつかと思っていた老舗のお店で名刺を発注する。 メールアドレスさえ載せていないシンプルな名刺。 Because I'm just me.

Eine gute Nachricht

いくつか良い報せが入る。 一つは、ある方と共同でウィーンの本を作る話。 関係者との打ち合わせは明日。 もしも本当に作るなら、住んでいないと作れないような本を作ろうかな。 楽しみ。

Hans Kühne

Amazon.deでの販売が始まるようです:リンク

filling your mind with other stuff

友人が泊まりに来ている。 韓国の友人。 取っ替え引っ替え何かに集中しているよね、と言われるけれども、何もしない、考えないことが難しい。 お料理が瞑想なら、一番の気分転換は、パズルと翻訳だろうと思う。 頭を完全に別のことに集中させることができる。 翻訳は言葉というより、ひとの頭の中や映画を見ているような感じで、基本的には映像と体感の世界。 VRみたいな感じ。 パズルは、私の場合は記憶に頼るので、トランプゲームの神経衰弱に似ている。 この特別に難しいとされるパズルに12時間ぐらい没頭したいというのが、今の一番の希望。 で、それは今は叶わないので、新たに短いテキストを翻訳しはじめる。

Seimei 表紙

私は一番上のデザインが好きで、編集者は二番目が好きらしい。 三番目の字が透けて見えるのもいいよね、と話している。 私が意見を聞きたいと思っているあの方は三番目を選びそうな気がする。 さてさて。 仕事のことがどんどん重なる。 メールを書くだけで半日が過ぎる。 あっと言う間に明日は金曜日。

the theatre of human beings

モリエールとか坂口安吾とかサマセット・モームを再び読みたい。 こういう気分がどういう気分かは知っている。

not too be late

ある展示の準備を進めている知り合いの企画会社から頼まれて、東京のある郷土資料館に電話する。 すると、企画会社の担当者から直接連絡してもらう必要がある、しかし、当方は英語もドイツ語もできないから、日本語で連絡してほしい、と言う。 企画会社の担当者は日本語ができないので、私が代わりにお電話を差し上げているのですが、と言うと、 それでは借用手続きは進められないと言う。 では、メールで連絡を取らせていただくことはできますか、と尋ねるも、当方は英語は読めないのだから、と言われる。 もともと、借用の申請手続きは、捺印した申請書を当館に提出する決まりになっているので、誰か日本の人に来てもらいたい、と言う。 関係者は皆、オーストリアの人間で、オーストリアにいるために、それができないから、こうして私の方からお電話差し上げている次第です、何か方法はないでしょうか、と話すけれども、どうにもならない。 それでは、原則、海外から借用することはできないと理解してよろしいですか、というと、 まあ、そうですね、と言われて、電話を切る。 借用したいのは、画像データなのだけれど。 海を渡れない画像データ。 事情を企画会社の担当者に伝えると、 その郷土資料館の担当者にファックスを送りつけると息を巻いている。 英語もドイツ語もできないということを馬鹿にするつもりは全くないけれど、こういった問題をこれからどう解消していくのかは気になる。 私は、イギリスの今の状況を大いに危惧しているのだけれど、日本は変わっていけると良いと思う。 ふわふわしたスローガンみたいな感じの抽象的な「世界に生きる」とかではなくて、現実的に対処でき

tomorrow

メールを書いて1日が過ぎていった。 ドイツ語、日本語、英語、ドイツ語、ドイツ語、日本語、ドイツ語みたいな感じ。 頭を切り替えることがずっと続くと、ちょっと疲れる。 私は、一点集中の方が疲れないな。 これからエフゲニー・キーシンのコンサート。 あっという間に3月のこの日が来たことだよ。

​Autorin 
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​© 2012-2020 Nana Miyata