September 9

「ルパンの娘」が面白いよ、と教えてもらって、ちょっと動画を見たのだけれども、 あの王子様みたいな人のミュージカルの音楽(If I can see you again...)が抜けなくなって、一日頭の中でループしています。 9月 明日から9月。 8月も本の仕事をずっとしていたけれども、 9月は新しい本3冊がスタートします。 2冊は単著、1冊は共著。 その先には更に2冊が見えています(1冊は訳本、もう1冊は史料集)。 その間にあるデータを整理します。 これらが終わったら、全く違うことについて本を書く時間に入ると思うので、 ここまではとにかくやりきる。 ひたすらドイツ語で本を書きます。 こういうことは、 若くて(人生に於いて、今がいつだって一番若い時)、 体力があるうちに挑戦しておく。 あらゆることを捨ててでも、 自分のスピードで進める環境で生きる。 昨日の自分よりも今日の自分、 今日の自分よりも明日の自分、というのが一番楽しい。 自分の成長だけがテーマ。

2020

2020年は、数字のキリが良くて、記念に残るようなことをしたくなりますね。 優先順位をつけて、いろいろ頑張ろうかな。 手帳もリニューアルしようかな。 写真は、6月にピカソ美術館で「大人買い」したもの。 この鳩が好きでして。 とりわけ鉛筆が気に入っています。 可愛い。

Spaziergang am Abend

夜の散歩。 向かいのお店のショーウィンドーに陳列されている洋服が心霊写真のように写り込んでいます。 限りある人生ですから、上質な時間を。

Personenverzeichnis

編集協力で参加している日本語の本ですが、人名索引の作成にやたらと時間がかかるな、と思い、 プリントアウトして人数を数えてみたら、なんと550人を超えていました。 どうりで時間がかかるわけです。 私にとっても記録的な数字です。 こんなに人名が出てくる本は珍しい。 著者の方にお見せしたところ、あらまあ!と他人事のように驚かれていたけれども、 そういうものなんですよね。 この本の強みの一つはここにあるな、と思います。 お仕事のメールは明日からお返事差し上げます。 今日まで一週間ほどお休みをいただいて、自分の本の仕事をしておりました。 ウィーンは涼しいけれども、もうこのまま秋になるのかしら。 秋は、いいなあ。 写真は、ハイドンの生家を訪れた時に出会った、文字通り「頭を隠して尻隠さず」の鹿さん。 見えているよ、でも、何もしないよ、とじっと見つめていたらば、「なんだ、脅かさないでよ」というような感じで、すっとこちらを見て、森の中に悠然と帰って行きました。

Eugen von Ransonnet

オーストリア=ハンガリー帝国東アジア遠征隊に参加していたオイゲン・フォン・ランゾネ男爵に関する記事が共同通信より配信されました。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48818260R20C19A8CR8000/ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000155-kyodonews-int この史料については、以下の展示でご覧いただけます(図録で詳しく報告させていただいております)。 港区立郷土歴史館特別展 日墺修好150周年記念「日本・オーストリア国交のはじまり 写真家が見た明治初期日本の姿」 会期:2019年10月19日ー12月15日 また、共同研究者のペーター・パンツァー先生とランゾネの手記を含むオーストリア=ハンガリー帝国東アジア遠征隊の史料について講演させて頂きます。 日時:2019年10月16日18時より 場所:ドイツ東洋文化研究協会(OAG) 東京都港区赤坂7-5-56 ドイツ文化会館 4F どうぞよろしくお願いいたします。 宮田奈奈

Richard Strauss

リヒャルト・シュトラウス。 グレン・グールドが演奏しているCDを聴いているのですが、動画はこちらしか見つからなかった。 この動画だと最後にあたる曲が好きです。

la la la la la...

仕事が楽しい。 チャレンジングな要素があればあるほど、楽しい。 夜寝る時に、次の日の朝に目が覚めることが楽しみで、目が覚めると、何より仕事に取り掛かりたくなる。 夏休みなので、メールや連絡を気にしなくて良くて、のびのびした気分です。 目一杯自宅で仕事をして、 夕方にスーパーに出かけて、食べたいものを作る。 今日は揚げないコロッケ(溶かしバターをパン粉にかけて、オーブンで焼く)。 粗挽き小麦のパン粉を見つけて、それが普通のパン粉とどう違うのかを知ることが今晩の楽しみ。 ご褒美にちょっと良いワインも買ってきたので、それも楽しみ。 ああ、なんて楽しいのでしょう。 夏休みの仕事、最高です。 写真は、カーネーション。 可憐だなあ、と思って。 ウィーンは、涼しい日が続いているので、切り花が長く生きられます。 自宅は今、お花だらけです。

Japanische Publikation

服部豊子さんの日本語の本の編集作業を進めていますが、本当にとても良い本です。 みなさんのお手元に秋にはお届けできますように(勉誠出版さんより10月・11月に出版される予定です)。 服部豊子 Toyoko Hattori ヴァイオリン・ソリスト。1943年、第12回毎日音楽コンクール第一位、併せて文部大臣賞受賞。1957年から60年までウィーン国立音楽アカデミーで学ぶ。帰国後はソリストとして活発な演奏活動を行いつつ、桐朋音楽大学教授、東京藝術大学講師などを務める。1977年に家族とともにウィーンに移住し、ウィーン楽友協会ブラームスザールでの演奏を始め、ヨーロッパ・日本各地での積極的な音楽活動を続ける。1999年8月に日本のクラシック音楽の水準向上、日欧間の音楽交流における尽力および国際文化交流における貢献に対して、日本国外務省より表彰される。同年11月にはオーストリア共和国連邦政府より、学術・芸術に対するオーストリア名誉十字勲章を受章。2005年旭日小綬章を受章。2009年オーストリア教育芸術文化省においてオーストリア共和国に対する功績に対して大名誉勲章を受章。楽友協会会員、ウィーン墺日協会顧問、ウィーン日本人会役員。

being proud of yourself

何をするにしても、 何を職業にするにしても、 自分のスタイルの延長線上で事にあたることが大事だという思いを改めて強くする日々を送っています(回りくどい言い方ですね)。 スタイルとは、世界、社会、物事や人との心地の良い接点の持ち方や距離の取り方のこと。 心地良さとは、自分の誇りを傷つけていない状態のこと。 傷つけられていない、という受動態ではなく、 傷つけていない、という能動態で書くのは、 誇りを守るのは本人の意思にあると思うからです。 秋になったら、旅に出よう。

Publikationen

この本のドイツ語の史料集が9月末に出版される予定です(OAG & Iudicium-Verlag)。 日本語の史料集はおかげさまで増刷が決まり、こちらも準備を進めております。 特殊なドイツ語で書かれているため、文法や表記、注記に関する校正が大変なのだけれども(出版社のドイツのドイツ語母国語話者と編者であるオーストリアのドイツ語母国語話者・私の5人がかり)、良い本になるはずです。 私のドイツ語はこの仕事のおかげで、飛躍的に向上しました。 とりわけ最初の日記は、初見でまともに訳せる気がしなかったのだもの。 今朝、ミュンヘンの出版社からこちらに原稿が戻ってきたので、気合いを入れて、校正します。 それと、編集で参加している日本語の本も。 あと、安倍晴明物語のドイツ語訳の本も(Herder-Verlag)。 良い本にします。 自分の持っている力を使い切る。

unconcerned

校正した原稿を送信。 一息つく間もなく、編集を担当している本の仕事に取り掛かります。 淡々と進む。

magic

先日、紅の豚のジーナみたいな方とお話ししたときのこと。 その方とは日本語で話すのだけれども、言葉でニュアンスが随分変わることに改めて驚いたことがあって。 実は、6月にパリに行った時に、地下鉄の駅で「ピックポケット(スリ)」の被害に遭いそうになったのでした。 地下鉄に乗っていた時点で、何か気になる若い男性がいて。 音楽を演奏している人を口角を上げて見つめていたけれども、全くこころの動きが読めない人がいたのでした。 口角が上がっているから笑顔に見えるけれど、笑っているようには到底思えず、何かの心の病を患っているのかな、とまで思っていたのでした。 降りる駅が来たので、降りたところ、その人も降りて。 平日の午後。 人はまばら。 わりと広い構内で、出口(通りの名前)を確認しながら、歩いていたところ、正反対の方向に向かっていることに気づいて、方向転換。 きびすを返したその瞬間に、私の右ひじがその男性にぶつかって、慌てて謝ったのだけれども、 その距離感の気持ちの悪さにすぐに気づいたのでした。 私の右肩にはバッグ。 まず、全く気配を感じなかったことに驚いて、 そもそも、広い構内で、こんなに近づく必要がないことにも気づいて、そういうことか、と。 幸い全部が閉じるタイプのバッグで、手を差し込めるような構造ではなかったので、 被害には遭わなかったのですが、その気持ち悪さといったらなかった。 その話をパリの治安に関する一つのエピソードとして紅の豚のジーナみたいな方に話したら、 ああ、それって魔法ね、と。 魔法使いの訓練を受けているのよ、と。 「魔法使い」という言葉の意外さに面白さを感じていたら、 ねえ

Tomaselli

ザルツブルクのカフェ、トマセッリ。 サルツブルクに行くと、必ず行きます。 ケーキは銀色の大きなお盆に全種類のせて、持ってきてくれます。 飲み物とはお会計は別です。 ウィーンは気温差が激しくて、フラフラ。 夜をカフェで過ごしたい気分。 ピアノを聴きに行こうかしら。

in the evening

久しぶりに夜遅くに外を歩く。 月が半分のかたち。 あと一週間で満月かな。

coffee

コーヒーのことばかりブログに書いたので。 日本でコーヒーを飲むなら、成城石井のフレンチローストが好きです。 カフェオレにとても合います。 これに勝る感じで、Shozo Coffeeが衝撃的に美味しかったけれど。 写真は、成城石井から拝借。

Frank Sinatra

コーヒーが切れたので、夕方、外に出る。 いつものお店で豆を挽いてもらう。 道でシナトラを歌っている人がいて、ああ、いいなあ、と思って、帰宅して夕食を作りながら聴く。 外は雨。 エビとほうれん草のパスタと白ワイン。 雨音とシナトラを聴きながら、ウィスキーを飲みたい気分だけれども、お水に切り替えて仕事。

Shozo Coffee

頂き物のコーヒー。 とても美味しいです。 これは、オススメ。

3. August 2019

新しいプロジェクトが始まり、ドタバタを極めています。 楽しいのだけれども、締め切りが守り切れていない状態です。 申し訳ない。 1日で良いから、ちょっと切り替えの時間が取れると良いのですが、そうも言っていられないので、 8月も駆け抜けます。 寝ている間に切り替えられるといい。 キューネの本は不思議な動きを見せていて、ご家族の皆さんとチームのように連絡を取る日々です。 本が出たことで、当時のご縁が復活したというお話を伺えると嬉しいものです。 ブログの更新の頻度は落ちると思いますが、時々遊びに来てください。 写真は、プラム(?)(洗いたてのクロスの上)。 今が一番おいしい時期なのですが、なぜか今年からさくらんぼやプラムにアレルギー症状が。 口の中が痒くなるのですが、それでも食べています(よくないのだろうけれども、人生は自己責任ということで)。 楽しく、明るく、健やかにまいりましょう。

​Autorin 
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​© 2012-2020 Nana Miyata