Featured Posts

25. September 2021


午後に少しだけ外出。

いつものお店で蝋燭とちょっと可愛らしいものを買い求める。

イギリスの家をモチーフにした缶で、その缶を開けると家の内側が見られるようになっている。

まるで舞台装置みたい。

お店の人と少しお話をしていたら、可愛らしいプレゼントをくれた。

プロヴァンスのオレンジのとても素敵な香水。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。


それから、先生とお仕事の話をする。

こんなに考え方の基本が同じ人とお仕事をご一緒させてもらえることは本当にありがたいことだと思う。


ある部分が絶不調というか、蓄積疲労を起こしていて、故障している感じなのだけれども。


心の弱い人間は、モラルをなくす。

モラルをなくせば、人間性を失う、自分を失う。

そう、アウシュヴィッツを生き延びた方の手記には書かれていた。

そして、ひとは、誰か1人にでも愛されていれば生きていけるのだと。

その愛には友情も含まれる。


モラルとは、正義というより、美意識のことではないかと思う。

何をしてよくて、してよくないかというのは他人から、外から強制されて決めることではなくて、

自分はどういう人間でありたいかということ。


もしも、パンを盗まれたら、それを許せる自分ではありたいと思うけれど、自分はパンを盗む人間にはなりたくない。


自分という人間への愛着は、命よりも魂の状態への愛着にあるのではないかと思う。


アウシュヴィッツを生き延びた方や先生のような方を心の中のお守りにしましょう。


自分の好きな自分で生きていきましょう。


Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。