platform

逆光なので黒っぽく見えるけれども、白い蜘蛛。 ふと窓の方を向いたら、幡野広志さんの写真に広がる青色の世界があるように思われたので、 携帯のカメラを構えたらば、写り込んだ白い蜘蛛。 するするすると上から降りてきて、また天井に戻って行った。 なぜか、一昨年なくなった祖母を思い出す。 誰に相談したり話すわけでもなく、けじめをつけるべきことを粛々と整理しているひと月で、 色々とこたえることもある。 そういうことを話すのは得意ではないというか、 誰より私が自分を信じないといけないような局面で、 ひとの理解を得ようとすると、おかしなことになるので、 自分のことは、黙って決めて、 少し準備に時間がかかることを進めている時は、静かにしている。 それが強さだとは思わないけれども、知恵であるとは思っている。 その私をわかってくれるのは、おばあちゃんだろうなあ、と思う。 心のできた人だった。 ケアサービスを受けていたセンターでも人気者だった。 なぜか、大きな相談を受けていて、 決断を任せられることが続いていて、 何について、どこまで責任を持てるかということについて考えを巡らす。 さながら武士のよう。 義理も人情も大事。 でも、それらを大事にするには、大局をつかんで、理性的である必要がある。 そういう時にも、一人になる必要がある。 味方を作ろうとか、理解してもらおうとか、おかしな保身に走るような操作をしてはいけない。 正しい結果を得るためにも、自分を含めた全方向に誠実である必要がある。 嘘をつくと、物事はぼきぼきに折れていく。 なんてことを思いつつ。 今日も良い風が吹いている。 最近の明るさって、特別

transition

マグリットのこの家に住みたいと思ううちは、 自分もなかなかに波乱万丈な人生を送っているのだろうなあ、と思う。 暗闇に灯る室内の灯りは、安心の象徴のような気がする。 日本にいると、高層住宅に灯る明かりを電車から眺めるのが好き。 一昨年、去年と、人の話を聞くことがとても増えた。 でも、今年はお休みします。 カウンセリングは仕事にしていないから、基本的にボランティアです。 だから、紹介に限っているけれど、飛行機に乗ってウィーンに来る人もいて、 世の中の流れを感じていた。 すごく苦しい話の後ろには、希望が光っている。 変えたいんだよね、現実を、居場所を、環境を。 でも、気力や体力が足りなくて、あるいは繰り返す経験のなかで失ってしまい、 愚痴と悪口に流れてしまう。 そういうこともよくわかる。 それも一つのエネルギーの流し方だから。 でも、そうすると現実との軋轢はひどくなるばかりで、フラストレーションは増していく。 だから、ある時が来たら、現実を変えていかないといけない。 そういう時のサポートが必要なんだよね。 コンマリさんは片付けを手伝うけれど、 手放すことや変えることのしんどさを知っている人は、彼女の仕事の素晴らしさを理解していると思う。 彼女がしていることは、すごく重いポイントを移行する人のサポートなのだと思う。 "sparkle joy"。 現実を変えずに、受け入れることでフラストレーションを溜め込んでしまっているクライアントに、 自分の希望のありかや形を確認させることで、人生を変えるようなセラピー。 ひとには、希望を強く光らせることが必要なのだ。 写真は、全く関係ないランチの写真

the next stage

Thonetの椅子。 私が考えごとをする時に座る椅子です。 今日は、明るい良い風が吹いています。 校正続きで、昨日は一日ダウンしてしまったので、 今日から安倍晴明物語のドイツ語訳の校正に入ります。 表紙はもう決まっています。 まずは、Klappentextという、本の裏に紹介する文章を作ります。 来週からは別の本の校正に入ります。 これで4冊。 3月にまたがってしまうけれど、2月に掲げたことは、ほぼ有言実行できました。 昨日は、新たに本を書くお話をいただき(伝記)、ひとまず史料をお預かりしました。 本にするなら、やはりドイツ語かな。 完了して、次へ。 一緒に働きたい人は世界のいろんなところにいる。 その人たちからも一緒に働きたいと思ってもらえる自分であるよう、 人間としてしっかりしよう。 力をつけよう。 技を磨こう。 その上で、繋がっていきましょう。 仲間というのは、そういうもの。

Take your chance!

深夜に荷物を開封して、見つけたシャネルのステッカー。 Take your chance! ナイキも入れて、 It's now your turn. Take your chance, and just do it. 「さあ、本番だ。全力でやってみよう」 3月からのテーマ。

holed space

社会との接点としての使い道が拓かれなければ、 持っていることが苦行に思われる才能もあるのではないかな。 その才能のために、ひととしてこうありたいと決めている境界線を破ってしまう経験が増えるから、葛藤が生まれたり、自信を失ったり、自己嫌悪に苛まれたり、身体を壊したりもする。 彼らの生きにくさは、自己肯定を推奨するだけでは足りない。 根っこは、心の問題ではないから。 どうしても、その才能の使い道が開かれる必要がある。 既存の職業で生かされる才能ではない場合、生かす道を切り拓かなければならない。 そうしないと、自分でも把握しきれないブラックホールを抱えて、 居場所が見つからないまま、社会に合わせることに消耗して生きるばかりで、 ずっと苦しい人生を送ることになる。 これは、本人にとっては本当にしんどいものだと思う。 このことについて、ずっと考えている。

February

2月も終わり。 パンツァー先生はキーンさんと二度お仕事をご一緒したことがあるそうです。 人間的にも素晴らしい方だったそうです。 お会いしてみたかった。 まだ命の続くものは、しっかり生きるのみ。

Limit the unlimited in your own style

Tom Fordの眼鏡。 Excelsiorのアコーディオン。 ドナルド・キーンさんのご冥福をお祈りいたします。 7年前にある仕事でお目にかかるお話を一度頂いたのだけれども、残念ながらそれは叶わなかった。 今月の21日に老人ホームを訪れる機会があって、私の前で食事をとられていた方がキーンさんにしか見えなくて、不思議に思っていた。 大きな人がまた一人、地球を去られたな。 時間は知覚できないけれど、肉体の期限というものがあるから、 私というのは、どうにもこうにも有限なのだ。 意識が拡大しようが、瞬時に大きなことを理解しようが、それは変わらない。 未来のことといわず、本当は誰でも、自分の全体のことは把握しているのだ。 でも、一つずつやっていく必要があるから、開示されていないだけ。 脳の働きなのか、何なのかはわからないけれども、 私たちにできることは、自分の物語を信じて、点を打っていくことだけ。 とかくこの世は具体的である必要がある。 ある言語を使いたければ、学ばなければいけないし、 ある場所に住みたければ、条件を埋める必要がある。 意識が現実を作るけれども、結局は点を打つという実行力でしか、物語を生きることはできない。 今、意識が大きく揺らいでいる人は多いのだろうけれども、 変容を楽しむ先に用事がある人は、 何をどうするかという具体的な次の一手を考えることに迫られているだろう。 肉体の期限や環境との接点の問題があるからね。 開示されたことを受けて、十分に思考したなら、実行するしかない。 なんてことを書くと、不思議な世界の話みたいだけれども、 私は、もう、時間・自分を無駄に使うことはで

a very woman

これもスコットランドのアラン島。 イギリスに住む韓国の友人からメールが届いた。 ウィーンに来るらしい。 ロッククライマーで、 ウイスキーをさんざん飲んでからバタフライで泳いだり、 深夜の図書館で論文を書ける人。 ソウル大学を出るほど頭がいいのに、頻繁に自信を失う。 ヘビースモーカーなのに、 食生活と美容にはものすごく気を配っていて、料理が上手で暮らし方が綺麗。 なのに、非常に繊細でよく日常のサイクルが狂う。 気が強くて、あらゆるところに敵を作るけれど、 情に厚くて、面倒見が良い。 という強烈なギャップにより、男の人に非常にモテる人。 運動神経が良いからなのか、色気の何かが嵐の大野さんに似ていて、 年齢に関係なく、ヘテロセクシュアルな男の人の多くは、彼女といると「ふわっ」とする。 こんなに「女性」が強い人を他に知らない。 女性に恋愛感情を持たれても、何とも思わないのだけれども、 彼女といると、自分のなかに「年上の男性」のような気持ちが出てくるから不思議。 友情でしかないから、友人なのだけれど、それぐらいに彼女の「女性」が強いということなのだと思う。 不思議な人なんだな。

aqua

校了なんて書いたけれど、校了していなかった。 わはは。 私たちが10日をかけて直したものが半日で赤字を入れられて戻ってきた。 編集者さん、凄まじい。 凄まじいです。 今朝の夢はリアルすぎて、脳の疲労感が甚だしい。 なんだろうな。 写真は、スコットランドのアラン島。 フェリーに乗って、ひょいひょいと遊びに行ったのだった。 着いてから1日に2本ぐらいしかないバスに乗って着いた場所なのだけれど、 なぜ、ここに行こうとしたのか覚えていない。 ひとが誰もいなくて、地図もなくて、 ただ道なりに歩いた。 結構、すごい場所だったんだよね。 この木を見てから天気が急変したのだけど、 あの風の強さと雲の流れを忘れることはないだろう。 帰りのバスを逃したら野宿になるところだった。 遠くに見えるのは、ストーンヘンジみたいなもの。 あそこまで歩いて行ったけれど、そのストーンヘンジみたいなもの自体はシャッターが切れなくて、 写せなかった。 そういうことは、よくある。 なぜ、この写真を持ってきたかというと、潮風に吹かれたいから。 轟々と風の吹く場所を歩きたいから。 ウィーンは今朝は雨が降っていて、風も吹いていてありがたかったけれど、 水気と風は必要です。 自宅のカーネーションはもう3週間も咲いている。 スーパーでずさんに売られていたお花で、頭のところがポキポキと折れてしまっていた。 その部分をカットして、別に生けたのだけど、そのお花もまだふわふわに綺麗に咲いている。 カットした先からは、新芽が出てきた。 たまに生命力の強い切り花に出会うけれども、これは記録的だな。 こういう感じの強さが好き。

the next book

校了。 なぜか編者の私たちの名前が表紙に出ていないので、このデザインは少しだけ変更になります。 フリードリヒ・キルヒナー(Friedrich Kirchner)という人物の日記です(ドイツ語)。 第一次世界大戦時に俘虜として姫路の収容所に収容されていました。 このキルヒナーという人物の末裔の方と共同編集者のパンツァー氏との出会いがミラクルすぎて、驚きもしなかった。 オーストリアのBöhlau Verlagから出版されます。 この出版社から本を出してもらいたいな、と思っていたので嬉しい。 良い経験をさせてもらいました。 共同編集者のパンツァー氏にも感謝。 明日からは、安倍晴明物語のドイツ語訳の本の校正に入ります。 こちらはドイツのHerder Verlagから出版されます。 この出版社からも本を出してもらいたいな、と思っていたので、本当に有り難いです。 あとがきには羽生結弦選手のことも書く予定です。 そして、来週の月曜日からはもう一冊本の校正が始まります。 この7、8年の間に手がけた本がここまで揃って出版されることになるとは思わなかったけれども、そういうものだ。

splendid, dazzling world

A Whole New World *** I can show you the world Shining, shimmering splendid Tell me, princess, now when did You last let your heart decide? I can open your eyes Take you wonder by wonder Over sideways and under On a magic carpet ride A whole new world A new fantastic point of view No one to tell us no Or where to go Or say we're only dreaming A whole new world A dazzling place I never knew But when I'm way up here It's crystal clear That now I'm in a whole new world with you Now I'm in a whole new world with you Unbelievable sights Indescribable feeling Soaring, tumbling, freewheeling Through an endless diamond sky A whole new world (Don't you dare close your eyes) A hundre

extra difficult

イギリスの友人から再びパズルが届きました。 特に難しいと箱に書いてあるけれど、こんな形をしたピースのパズルはしたことがない。 猫と犬と靴の形をしていて、直線の部分がない。 でも、一見難しそうなのだけれど、特徴を見つけてしまったから、案外早く完成させられる気がする。 パズルは昔から得意なのだ。 ちなみにジグソーパズルは1760年代にイギリスで初めて作られたそうです。 そして、もともとは木材だったそう。 このWentworthのパズルは伝統を引き継いでいるのだそうです。 一つとして同じピースが存在しないのと、四隅のピースもない、そして内側のピースにも端がまっすぐにカットされたピースが混じっているから難解なパズルということなのだけれど、 やっぱり特徴がある気がするんだよね。 デスクトップもラップトップも壊れて、さすがに携帯では仕事ができないので、答えは一つ。 明日朝一で近所のAppleへ行こう。

simplifying, facilitating

今日も良い一日。 ぎょえーと思うほど厳しい校正が入るのだけれど、とても有り難い。 ある文法のことで、同じ間違いを繰り返していて、完全に覚え違いをしていたことがわかる。 あと、私のドイツ語は古いところがあるのだわ。 その全てを直してくれていることが有り難いし、 パラフレーズの仕方を提案してくれている箇所も何カ所もあって、本当に有り難い。 勉強になる。 とても楽しい。 天気も良くて、暖かくて、窓を開けて過ごすことができたほど。 春になったら、また、プラーターに散歩に行こう。

​Autorin 
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​© 2012-2020 Nana Miyata