Taipei

Taipeiは、とにかく深い、そして重い。 ものすごくバイタリティーに溢れていて、混沌としている。 日本よりも西洋的に感じる部分もあるし、東洋的に感じる部分もある、強烈な土地。 伝統が守られているけれども、若い人がよく育っている、未来志向の土地だということがよくわかる。 中国は行ったことがないけれども、全く違うのではないかしら。 お正月前ということもあって、買い出しに付き添わせてもらったのだけれども、この活気には最も気圧された。 医食同源という考え方があるけれども、それが暮らしを構築している。 ごはんは美味しいし(ちょっと油っぽいお料理も多いけれど)、とにかく滋養と活力のある世界。 漢方のお店にも連れて行ってもらって、その考え方に深く共感する。 道教のお寺でお祈りの仕方を拝見させてもらったのだけれども、これがまた強烈な経験だった。 世界観、人生観がここまで違う世界があるのだな。 占いの結果を重要な指標とすることも、私にはあまり馴染みのないことで、その心のあり様を想像して、色々と考える。 故宮博物院も頭がクラクラするほどやはり強烈なところがあって、展示図録をしっかり複数購入する。 ここは、とても大事な仕事を続けている場所で、ある意味において聖地だと思う。 龍山寺でのおみくじの内容は忘れられないだろう。 二日続けて行って、一日一つ、二つのことにお伺いを立てたのだけれども、あることについては、バッサリ却下されて、まるで外科手術を受けたかのようだった。 これは、四柱推命でも同じことを言われたから、きっとそうなのだろうな。 ちょっと悲しいけれども、思い当たるところがあるので、あまり驚かな

Freundschaft

ブログを更新するつもりはなかったのだけれども。 自分のために。 8年ぶりぐらいに会った友人だけれども、何も変わらず。 昨日会ったかのように話し始めて、いくらでも話せる。 彼女は日本語、英語、ドイツ語ができるから、私たちはいつもそのどれかで話すのだけれども、私は中国語を頑張らないといけないなあ。 彼女は、今年、同僚二人と会社を起こすのだそう。 その同僚とも会って、一緒に食べ歩く。 私は、蓮霧という果物が気に入って、ホテルに持ち帰って食べている。 来週が旧暦のお正月なので、みんな大掃除に忙しいらしい。 とても良い時に彼女に会えたと思う。 明日は、ある場所へ。

departure day

おまけ。 今朝の月と太陽。 月の周りの空は、オパールみたいな色合いに光っていた。 綺麗。 カメラが壊れてしまって、ずっとiPhoneで撮っているけれども、やはり新しいカメラを買おう。 荷造りして、出発。

bis Februar

カザルスのCDを相変わらず聴き続ける。 サン=サーンスの「白鳥」が流れるたびに、去年(先月)伺ったヘーデンボルク・トリオさんのコンサートを思い出す。 この曲をアンコールで演奏してくれたのだった。 ヘーデンボルクさんの「白鳥」の方が、ゆっくりで、どこか幻想的で好きだったかな。 「おやすみなさい」の曲として紹介されたからか、そういう曲としてインプットされた。 ベートーヴェンのピアノトリオのCDを2枚出されていて、最初の一枚はもう聴いているのだけれども、録音時の空間の広さが伝わってくる好きなCDです。 2枚目は品薄になっていて、やっと取り寄せることができたので、聴くのが楽しみ。 仕事は、やりきる。 18時間では済まなかったし、顔色が良くないけれども、最善は尽くしたと言える。 編集を担当させていただいたご本は、良い本になるはず。 ブログは、ウィーンを離れている間はお休みします。 また、2月にお会いしましょう。 みなさまも、ご自愛くださいませ。

Vollmond

60点が90点にはなってきたかな。 まだ処分していないクリスマスリースを眺めていたら、カタツムリの殻を銀色に加工した飾りを見つけて、大笑いする。 こういうものは、いつも教会のバザーで買うようにしているのだけれども、カタツムリの殻を使っているなんて思ってもいなかったよ。 触ってみたら、本物で、とても楽しい。 中の住人が亡くなった後のものを使ったのだと思うけれども、クリエイティブだなあ、と。 隣に引っ越してきた人が、バタバタしているのが聞こえて、それも可笑しい。 ここの建物は古くて、壁が石でできているからか、めったに他の家の音など聞こえてこない。 ほぼ無音。 だから、よっぽどのことなのだと思うけれども、家具をどこかにぶつけてしまっているのか、その音と二人の大きな声が聴こえてくる。 大丈夫かしら、と思いつつ、玄関扉を開けてみたら、廊下にずらりと段ボールが並んでいて、「もう、本当にごめんなさいね。すぐに片付けるから」と髪を振り乱した奥さんが私に言う。 「全然、構いません。ごゆっくり」と伝えて、自己紹介など。 ここの建物の人は、本当にみんな親切で、仲良し。 クリスマスには、足が悪い女性の買い出しの荷物を建物の門から家まで運んだら、日本に友人がいると教えてくれて、その友人が送ってくれた明治のアーモンドチョコレートとクリスマスカードが玄関扉の前に置かれていた。 会うと嬉しい隣人と暮らせるなんて、最高だと思う。 体調はガタガタで、体力が底をついている感じがするけれども、まだ行けるなあ、と思う。 まだ行ける。 空には星が出ていて、月もくっきり見える。 明日は満月なのだな。

18 Std.

校正と企画書の作成にはざっと計算しても18時間かかるなあ、と思い、仕事を再開する。 校正はね。 これまで、この仕事に従事してきた人たちの仕事の仕方を残念に思う。 お金や名誉のためだけに仕事をするのはプロではないと、やはり思う。 良い仕事をしようと思うところにしか責任感は発生しないし、誰も気づかなくても、自分の評価に繋がらなくても、良い仕事をする、そのための判断が自分でできるのがプロなわけで。 そういう仕事の仕方に喜びのある人たちではなかったのだろうな。 現状、最後の最後に関わった私のところに非常に負担の大きな仕事が残されていて、 日頃から仕事をご一緒している先生にも驚かれているけれども、最善を尽くすと決める。 このあたりはもう、矜持の問題。 私の責任ではないのだろうけれども、これに目を瞑ることは、私の中の何かが許さない。 あと一日休めると良かったな、と思いながら、湯船に浸かり、 パジャマや寝具を全て洗濯機に詰め込み、台所の洗い物を終える。 風邪の時に水回りの仕事をしたくないのは、なぜでしょう。 蘇生完了前に覚醒させられたナウシカ(アニメの方)の巨神兵が思い浮かぶけれど、 人生ってこんなものだな、と思う。 もうちょっと時間があったらとか、そんなことばかり。 だから、会いたい人には会いにいくべきだし、伝えたいことは伝えるべきなのだ。 カザルスのCDをずっと聴いている。 私がチェロの音を好きなのは、音の高さや柔らかさにあると思う。 体調が悪いときにも優しく届く。 今年は、カタロニアに旅に出ようと思う。 とはいえ、バルセロナではなくて、別の土地。 さて、18時間。 やってみせましょう。

Fieber

今朝の新聞に(Die Presse)、風邪が流行っていると出ていて、まさにこれだなあ、と思いつつ。 しっかり熱を出して、寝込む。 仕事のスケジュールが大変なことに。 あと2日で300ページの校正と展示の企画書を書き上げることはできるのでしょうか。 明日、起きたら、元気になっていたい。 と思いながら、白湯と蜂蜜入りの紅茶を交互に飲み続ける。 なんとかしよう。

Wien

本の打ち合わせをしていたら、体温が上がり、ふわふわと目眩がして、喉が痛む。 部屋が暑くて、空気が乾燥していて、これは、ちょっときついなあ、と思いながら、打ち合わせの相手と別れて、外に出たら、確実に風邪をひいたことに気づく。 トラムの人混みに紛れることがしんどく思えて、歩いて帰宅。 月は、満月に向かうのだな。 iPhoneの写真だけれども、ウィーンの美しさが伝わるかしら。 打ち合わせの相手の人との雑談の内容を振り返りながら、形にならない考えを。 しんどいのに、頭の中でラデツキー行進曲が流れはじめて、自分への応援歌かと思い、 身体はうまくできているなあ、とか思いながら。 白湯を飲んで、眠る。 世界で起きていることに、このところものすごく疲弊しているけれども、 私の家は平和で、優しい。 しばし、思考のスイッチを切って、休むことにする。

2020

締め切りをいくつか抱えていて、一つ一つ丁寧に終えていきたいのだけれども、 体が疲れて、つい遊びに走る。 台所へ。 膨らむものを作ると決めて、スコーン。 バターとミルク、小麦粉とお砂糖とお塩とベーキングパウダー。 これだけあれば、美味しいものが作れます。 小さいものをたくさん作って、冷凍しておいて、朝ごはんやお茶の時間に温めて、ハチミツをつけて頂きます。 サクサク、ふわふわ。 私が自分でお菓子のレシピの本を買って、一番初めに作ったのはスコーンでした。 そのことを振り返るだけでも、人生の答え合わせができるような気がします。 私とイギリスの縁のようなもの。 ウィーンとの縁も幼稚園の頃には確かにできていた。 今の仕事もそう。 点と点は線になる。 そして、その軌道で出会った人たちの人生も交錯していく。 宿命のようなものは決まっているけれども、それを主体的に生きることはできる。 というのが、今の私の実感です。 2020年は、私は、この宿命のようなものを濃く生きてみようと思っています。 どこかを目指さなくても、運ばれていくのなら、 私の仕事は、自分の宿命をここで一度確認して、自覚して、濃く生きることだな、と。 そこからずれることはしない。 理想を生きることは、とても大事。 心にフォーカス。 美しいと思うもの、愛しいと思うもの、素敵だと思うもの、 そう思うものやこと、人に対して、正直に生きて、自分の世界を今一度丁寧に構築する。 それが、日常になり、人生を彩れば、自分の社会での役割は果たせるのではないかと思うので、 自分の「好き」をことのほか大事に生きる一年にします。

Feb. 2020

服部豊子さんのご本が勉誠出版から本年2月に刊行される予定です。 現在、三校を鋭意進めております。

deadline

人名索引は作成できたけれども、締め切りに追われている。 差し入れで頂いたケーキ。 ここのお店のこのケーキがここまで綺麗にカットされているのは初めて見たので、記念に写真を。 年末にナイフを研いだのかな??? パイ生地をどうしたら、こんなに綺麗に切れるのかしら??? 何かの特殊な機械を導入したのかしら??? 私の頭の中は大体いつでもこんな具合に疑問だらけなのだけれども、 昨日の夜は考えごとをしていて、ノートを取る体勢で寝てしまい、寝違える。 首が回らない。 今年は、変化の多い年になるだろうし、そうであるべきなのだけれども、 予想したり、計画するばかりで手を動かさないという状態は好きではないので、手を動かす対象を決める。 考えながら動く、動きながら考える。 3月終わりまでは、予定が詰まっている。 本を2冊完成させる予定。

Personenregister

人名索引を朝から作り続けているけれども、サ行までやっと終わったところ。 なぜなら約580名ぐらいの名前を収録しているから。 編集を担当している本の仕事だけれども、とても楽しい。 仕事の関係の方からメールがあって、文章が上手だな、と思う。 いつも、その方のメールは、メールを書いている現在の状況の描写から始まる。 読ませる文章で、社長にならなくて良かったら歴史家になりたかったと話していたけれども、 伝記を書く文才があるように思う。 ある計画について相談したところ、とてもポジティブな応援をしてもらえたので、ありがたい。 スケールの大きな仕事をしている人と一緒に仕事ができることを本当にありがたく思う。 自分に強烈なところがあることは自覚しているのだけれども、それを全て長所として受け止めてもらえていることがわかるので、のびのびと仕事をさせてもらえる。 写真はいつかの梅酒。 お酒を控えて、仕事をするべし。

Abschied

クリスマス直後にある方が亡くなりました。 つい最近知り合った方で、親しくはなかったけれど、なぜか深く話す時間を一度だけ持ち、これから親しくなれる予感のあった方でした。 物理学の教授で、一緒にあることに関して仕事をしたいね、と話していた。 享年81才。 彼と共通の知人とクリスマス直前に仕事で出かけた先で、ドップラーの生家を通り過ぎたので、そのことを彼に知らせたいね、と話していた。 彼は本当に良い人だよね、と話していたのだ。 クリスマスの日にもなぜか彼のことを思い出していて、知人がクリスマスに彼にメールを出したところ、その二日後に奥様から返信があり、その日に亡くなったことを知った。 死亡告知が出される前の、亡くなったその日の夜に。 その最期のご様子から、ご病気を患っていたのだろうと推察したけれども、ご家族の方にとってもあまりに突然のことだったようで、それほど親しくはなかったはずの私ですら頭の上に石が落ちてきたようなショックを受けた。 今日がお葬式の日だけれども、オーストリアであっても、ウィーンからはあまりに遠くてお葬式の時間に間に合わない。 知人とお墓まいりに行くことを奥様に伝える。 深く話した時間に言われたことの一つは、「生涯、現役でいることが大事だよ、そういう仕事をするんだよ。そういう生き方がいいよ」ということ。 それと「いろんなことに興味を持ち続けるんだよ。物事を観察する視点はたくさん持っていた方がいい」。 彼は、その通りに生きていた方で、数ヶ月前には大阪の大学の紀要に自分の専門ではないテーマで論文を寄稿していた。 オーストリアの物理学のある大きな学会の理事長を務めていて、き

2020

新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 私は、ニューイヤーコンサートにご招待いただくという僥倖に預かり、子供の頃から聴いていた音楽をウィーンで、ウィーン・フィルの演奏で聴くという、とても大きな贈り物を頂きました。 会場は、お花で埋め尽くされていて、百合の香りが漂う華やかな場なのですが、タイムスリップする感覚があるというのか、この文化をずっと継承してきたウィーン・フィルの偉大さに改めて敬服するばかりでした。 文化を継承していく、音をつないでいく、その担い手になることの使命感のようなものをウィーン・フィルの方からは感じるのですが、昨日はその凄みのようなものに圧倒されました。 ウィーンの歴史や文化の核のようなものに触れて、じんわりと重みのある喜びを胸に帰宅し、 ぼやっと考えていたことなどもあるのですが、今日のこの日のことは生涯忘れないと思います。 ・・・と、ブログを書いていたら、ユニクロ(EU)のメールが。 "Embrace the blank canvas of a new year and illustrate your wardrobe with perfect pastels and elegant mid-tones. Let 2020 be the year you show your true colours." 良い文章ですね。 この文章をもじって、 Embrace the blank canvas of a new year and illustrate your goals with perfect visions. Let

​Autorin 
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​© 2012-2020 Nana Miyata