31. März 2020 (2)

明日から4月。 私にとって日本に生まれたこと、日本人であることはどういう意味を持つのだろうなあ、と考えている。 ドイツで日本学を専攻した程度には、日本は私には遠く不思議な世界。 こちらに暮らしていても、日本人だからという理由だけで友人になることも、親しくなることもない。 避けているわけではない。 ただ、例えば、親しみを込めたものであっても、ヨーロッパの文化圏の男性に熱烈にハグされたり、手にキスされたり、アジアの文化圏の女性に腕を絡められたり、組まれたりすることが苦手であるほどには、「日本人だから」という理由だけで、距離を縮められたり、何かの文化的、社会的パッケージを受け入れるように促されることが苦手。 日本人であること、女性であること、年齢、職業、容姿、服装の好みなどの属性への他者からの判断と、自分の中でのそれらの属性の優先順位のようなものや、価値の優先順位のずれ。 そのずれを自分の優先順位を並び替えることで適応してきた疲れのようなもの。 これは、日本とヨーロッパのどちらでも抱えてきたもの。 自分は、どちらにも、どこにも属していない、根っこがないという感覚。 それは、ドイツに住んでも、イギリスに住んでも、オーストリアに住んでも変わらない。 根っこがどこにもないということが、私のアイデンティティの特徴。 何かの理由で、どこかに定住することになったとしても、国籍とも関係なく、それは変わらないだろうと思う。 4月は、この疲れのようなものを終わりにしようと思う。 変わっていると言われるのは、褒め言葉ではなくて、突き放される言葉のように感じてきたけれども、素敵な勲章のように考えたい。 自

31. März 2020

昨日は、ロンドンに暮らす友人と意見交換を。 友人は、 it has felt as though we are in the midst of a dystopian fiction that is only too painfully real. と表現していた。 私は、宇宙で宇宙船が故障して、必要な暖かさを確保できずに、だんだんと冷え込んできているようなイメージを持っている。 経済を回すことによる熱、人との交流による温もり。 当たり前にあった暖かさのようなもの。 それらを再び回復する時に、私たちは新しいスタートをきれるかな。 あらゆる叡智を結集させて、前の世界にあった問題点が改善された世界を創造できるのかしら。 時折、外に散歩に出ると、空気が綺麗になっていることは明らかにわかる。 甘やか。 友人からのメールは、 I very much look forward to greeting you with a huge smile and hug, next time we meet! と締めくくられていた。 次に会える日。 写真は、11月にイギリスに行ったときのもの。 どちらも結構危なかったのだけれども、行っておいて良かったな。 オーストリアは明日からスーパー入店時のマスク着用が義務付けられました。 あと、こちらから日本には郵便物を一切発送できません。 日本からの郵便物は、対面受け取りは不可、また遅延の可能性はありますが、受け取れるそうです。

good news

嬉しいニュースを見つけたのでシェア。 ワクチンについて: https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57430820Q0A330C2000000/ 日本では武田製薬さんも頑張って下さっているようです。 抗体検査について: https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-immune-test-idJPKBN21E0F3 ありがたいですね。

April 2020

写真は、以前のもの。 芍薬の季節には、もっと世界は疲れているかもしれないけれども。 新しい出発は、多くの犠牲を払ったあとのこと。 もしも、元気で生きられたなら、未来を選びましょう。 30日はブログやメールをお休みします。 このところずっと心に思い浮かべていたことに形を与えていく日。 今は、特殊な時間ではあるのだけれども、その先を見据えて淡々と進むのみ。 時間を無為に過ごす理由はない。 元気でいましょう。

Vielen Dank

半分私信になってしまうけれども。 吉祥寺の小ざささんの羊羹を羊羹に合うということで一緒に頂いた緑茶とともにいただきました。 私の知らない羊羹でした。 ちょっと驚きました。 まるで水羊羹のような軽さとみずみずしさで、芯を捉えたあずきの味が上品な甘さとともに届けられるような感じ。 何の雑味も余計な甘みも重みもない。 羊羹の概念が覆ってしまいました。 こんな経験を一度してしまうと、他の羊羹では満足できなくなってしまうような感じ。 あああああ。 一人で開封してしまった。 この感動は誰かと分かち合いたかった。 日本にいる間に実家でこの一本は開封すれば良かった。 二本ともこちらに持ってきてしまいました。 あともう一本は大事に取っておきます。 6月までに外出制限が解かれていますように。 特別に美味しいものが好きな誰かと一緒に、この感動を分かち合いたい。 咲ちゃん、ありがとう。 本当に美味しいです。 頂いたお茶も、口に含んだ後に苦味や甘みに揺れるような味ではなく、一本筋が通ったようにまっすぐな味のするお茶です。 本当に感動しました。 浩ちゃんにも、くれぐれも宜しくお伝えください。 どうもありがとう。

29. März 2020 (2)

毎年、遅くとも今頃には衣替えをするのだけれども、今年はセーターやコートをクリーニングに出せていない。 そもそも、この状況とは関係なく、三寒四温という感じで、まだまだセーターもコートも手放せないのだけれど。 出かける予定もないけれど、気持ちだけでも春支度をしようかな、ということで、一枚で着るブラウスやシャツをクローゼットから出してきて、いつでも着られるようにアイロンをかける。 こういうことをしていると、やっぱり、外出したくなりますね。 今は、リヨンの織物装飾芸術博物館(Musées des Tissus et des Arts Décoratifs de Lyon)を再訪したい気持ちでいっぱい。 マリー・アントワネットのお部屋で使われていたカーテンのその手仕事の美しさに圧倒されて、閉館時間まで眺めていた。 再び、そこから、アルルやカマルグの方に出るような旅をしたい。 なぜか、白いレースのものばかりに心が奪われて、普段だったら買いそうにないものまでオンラインショップで買い求めそうになるので、自宅にある素敵なものを眺めて、ひとまず心を落ち着ける。 綺麗だなあ。 白色の糸で何かを刺繍しようかな。

29. März 2020

今日から夏時間。 マリアージュフレールのお茶、ヴェールプロヴァンス。 緑茶ベースで、ラベンダーや薔薇の花びらの他にも様々なハーブが配合されている麗しい香りのお茶。 愛飲するようになって10年以上が経つけれども、このお茶に似ているお茶に出会ったことがない。 マリアージュフレールには、アールグレーだけでも20種類ぐらいあるけれども、そのどれもが個性が際立っていて、作品のよう。 マリー・アントワネットが愛したブルーエの花びらが配合されたアールグレー・フレンチブルーというお茶も好き。 オーストリアのデンメアがホテル・ザッハーのために特別に配合している紅茶もアールグレー。 アールグレーには、そのお茶屋さんの個性が一番現れるのかな、と思う。 穏やかに夜が明けた。 水色の空。 今日も良い一日に。 追記: 私の今日の音楽。 リュシエンヌ・ボアイエとシャルル・トレネ。 軽やかで、知的で、甘美。

28. März 2020 (2)

じゃがいもみたいだけれど、りんご。 おやつに、少し糖度の落ちてしまったりんごの蜜煮を作る(茶色はカソナードの色。グラニュー糖を使う方が見た目が綺麗で、爽やかな味)。 子供達がお寿司やおにぎりを作ったんだ、という写真が送られてきた。 素敵なテーブルセッティングで、なぜか、納豆がボウルにたっぷり入れられていて、スプーンでとりわける様子を想像して、笑顔になる。 ご家族そろって、みんな元気な様子で安心した。 今の状況が終わったら、お子さん達と一緒に餃子を作る話をする。 皮から作っても楽しいかもね。 ドイツがフランスやイタリアからの受け入れを開始したニュースを読む。 Frankfurter Allgemeineで東京について書かれている記事を読む。 東京の住民数は、オーストリアの人口とほぼ同じ。 東京の人口密度は極めて高いので、感染が爆発してしまったら、相当に厳しいのだと思います。 自分と他者を守るべく、どうか、4月は出来るだけ自宅で過ごされますように。

28. März 2020

まだ、街をスタスタ歩けた時の写真を。 この3日後ぐらいから、外出制限が出されたのだったかな。 今は、プラーターの遊園地の部分は閉鎖されている。 夜中に目が覚めたので、ほうじ茶を淹れる。 昨日の夜に大きなブロッコリーを二株塩茹でして、冷水で色止めまでしたけれども、冷蔵庫に入れ忘れていた。 写真は、撮った覚えがないけれども、携帯にあった写真。 この時の休憩のものだけれども、ちょっと面白い。 ブログを見返すと、先月の終わりから急にいろいろなことが変わったのだな、と気づく。 先月の中旬には、まだ音楽会にも行けたし、そのあとはスイスから遊びに来ていた方と食事に出かけたのだった。 人生というものは、こういうものだと知っている。 大体のことは驚くこともなく、受け入れてしまう。 それでもなお、今回のことによる決定的な断絶を思うと、少し前までの気楽さが思い出の中で一層明るさを増すようで、とても眩しい。 励ましあえる距離にない人たちの無事を祈る。 会えない人たちの無事を祈る。 今回のことで亡くなられた方のご冥福を祈る。 悲しみにある人の心にいつか穏やかな時間が戻りますようにと祈る。

27. März 2020 (2)

今朝、散歩をした時に撮った写真。 ブレゲ。 機械式時計が好きな人には、たまらない魅力があるのだろうな。 時間を視覚化しているというか、ロマンチックなんだよね。 この時計も機械式時計で、近くに寄ると、時計の動く音が聞こえます。 こちらは、ブレゲがマリー・アントワネットのために作った懐中時計を復刻したもの(画像は拝借)。 実物を一度見てみたいなあ、と思う。 まだ携帯電話が今のように普及していなかった高校生の頃、腕時計をつけることがどうにも好きになれなくて、懐中時計を散々探したことがあった。 でも、気に入ったものが見つからなかったのよね。 結局、アンティークの雑誌で見つけた、何かの時計の安価な復刻版を渋谷まで出かけて手に入れたのだけれども、大学生の頃にシャツの胸ポケットに入れたまま洗ってしまい、壊してしまった。 その後、自由が丘のSixというお店で見つけた、アンティークの手巻き時計をベルトを替えながらずっと使っていたのだけれども、ボンに来たら、まるで分解したかのように壊れてしまい。 革のベルトが切れて、ベルトと時計の接着部分の部品が飛び、さらには、巻くためのネジまで飛び、不吉だとか考える間もないくらいに見事に壊れたので、時計の不思議な寿命というものを知ったのだった。 それからは、少しの間、ユンハンスを使っていたのかな。 今は、限定版で販売されていた時計を4つ用途に分けて使っていて、すべて気に入ってはいるのだけれども、やはり、一点ものが欲しいな、と思う。 家具においても、何においても、自分が「これだ」と一目惚れする、一期一会のものが好き。 そろそろ探してみよう。 ここから一緒に進んでゆ

27. März 2020

朝の散歩。 近所をぶらり。 スズメだと思うのだけれども、鳴き声が大音量で響いていて、ちょっと笑ってしまった。 リサイタルかな。 ゲーテとベートーヴェンは知り合いだったのよね。 二人とも敬虔なクリスチャンとは言えず、ゲーテは汎神論的、ベートーヴェンはインド哲学に魅了されていた。 その辺りのことをゲーテの像の前でふと思い出す。 世界中で仕事を失っている人がたくさんいて、色々と考える。 この状況が終息しても、雇用がすぐに生まれるわけではないだろう。 対価とは何だろうな。 経済活動とは。 なぜか、最近ずっとミヒャエル・エンデの『モモ』が思い浮かんで仕方ないので、書庫から持ってくる。 ここから先は、豊かさや成功の基準が変わる。 それに伴い、安定というものの定義も変わる。 これからは、求心力がキーワードではないかな。 圧倒的な何かなどの魅力や勢いのあるものや人が人の耳目を集めて、世界を動かしていく気がする。 エンターテインメントの時代とも言えるのかな。 全てが流動的。 国ではなく、価値観で繋がったような人々の循環的で小規模のコミュニティーがいくつもできていくだろう。 生きている限り、昨日より今日、今日より明日。 人として、進化し続けること。 もう、ここからは予測が追いつかない、変化が止まらない世界になっていくように思う。 そういう時代の幕開け。 日本は、怒りや不満、不安もものすごい勢いで溜まってきていると思うけれども、極端な考えの人による極端な行為に関係のない方が巻き込まれませんように。 そして、海外から見た日本はどうのとか、日本の政府のあり方とか、あれこれ意見が噴出するのは致し方のないこ

26. März 2020 (2)

刺繍をするために玄関から運んで来た背の高い、小さなテーブルの空間が気に入ってしまい、 もっぱらここに入り浸っている。 18時の教会の鐘が鳴っている。 クロウタドリが今日も可愛く鳴いている。 仕事机を新調しようと思い、探していたら、桜の木でできているビーダーマイヤー時代の素敵な机を見つけた。 小学生の頃に初めて買ってもらった机も桜の木でできた机だったので、なんとなく縁を感じる。 何より、なぜか、私を見ているような感じがする。 メールだけ書いておいて、この状況が終息したら、見に行くことにする。 今日は、ベートーヴェンが亡くなった日。 お墓まいりに行きたかったなあ、と思いつつ、心の中でお祈りを。 医療従事者の方の無事を祈ります。 こんな時にも、社会のために働いてくれている全ての方々へ心からの感謝を。

26. März 2020

10日前にオンラインで注文した食品が届きました。 8時から10時の間でお願いしたのだけれども、ぴったり8時に届けてくれた。 ありがとう、ありがとう、ありがとう。 ピカピカの野菜。 バジルの苗も届いた。 嬉しい。 これで、10日は過ごせるかな。 歩いてすぐのところにスーパーがいくつかあって、 私の住むあたりは、住んでいる人があまりいないので(今回のことで、働いている人の方が多いことに気づいた)、それらのスーパーも空いているだろうとは思うのだけれども、なにぶん自分の免疫力を過信できない。 というのも、毎年のようにインフルエンザに罹患していて、完治するまでにひと月くらいかかってしまうから。 今回の菌については、色々と思うところがあるのだけれども、 いつもお世話になっている近所のお医者さんも病気になってしまい、今、別に流行っているインフルエンザにも罹患するわけにはいかず。 そのため、時折、早朝の散歩に出たり、自宅のある建物の中庭をふらりと歩く以外は、ずっと自宅にこもっています。 大根は、早速煮物にします。 みぞれ鍋もいいな。 マッシュルームはフレッシュなうちにサラダに。 少し黒くなってしまったら、スープに。 昨日、乾物の確認をしていたら、あずきを見つけたので、久しぶりに小豆も炊こうかと。 相変わらず涼しいので、ぜんざいとか良いかも。 さてさて。 元気にいましょう。 と書いていたら、鳩のカップルがやってきた。 君たちのおかげで、毎日、私はちょっと楽しい。 ありがとう。 今日も良い一日に。

25. März 2020 (2)

11月に訪れた時のイギリスのカモメの写真。 今の状況が終息すれば、ウイルスの研究も進んで、いろいろなことが解明される中で世界情勢が変わるように思います。 国民には、怒るべき理由は山ほどあるけれども、たった今は、他者を啓蒙して、世論を形成するような運動からはできるだけ距離をおくことが、喫緊の課題のように思われます。 ここから長丁場になるかもしれない非日常に緩やかに適応していくには、必要のない情報や声を遮断して、適切な判断力を維持すること、自分に必要な現実的な対策を取ることがとても大事です。 疾風勁草という言葉もあります。 自分を大事にしましょう。

25. März 2020

鳩さん7羽を載せておこう。 七福神的な。 なぜか、北欧のどこかの国の真っ白な光に照らされた、ほぼ無人のスーパーで紫蘇(の苗)を買う夢を見る。 私の知っている紫蘇ではなかったから、「これ、食べられるんですか?」と女性の店員さんに尋ねたら、不思議な笑顔を向けられた。 隣には黄色の綺麗なパプリカが並んでいたけれど、それもまた真っ白な光に照らされていて、まるで作り物のようだった。 なんというか、何かの研究所の陳列棚を眺めているような感じ。 今日は、1日仕事。 今日も穏やかな、良い一日に。

24. März 2020 (2)

午後の光。 空が晴れた。 完成。 でも、しばらくの間は、この金の糸は使わなくていいなあ、と思うくらいには指を刺した。 その上、あろうことか刺し間違えて、やり直しに。 思っていた倍以上の時間がかかった。 でも、糸を制御できずに、ちょっとデコボコしてしまっても、金色に光る鳥には愛着がわく。 可愛い。 クロウタドリが、外で可愛く鳴いている。 君たちは、春の訪れを楽しんで。

24. März 2020

朝から刺繍。 首が痛くなってきたので、玄関から背の高い小さなテーブルを持ってくる。 このブルーが好き。 金色との組み合わせはとても好き。 このブルーの半袖のワンピースやセーターを着てみたい。 今日は曇り。 空は真っ白。 こういう日は、色々と暖かくして過ごしましょう。 と書いていたら、鳩がやってきた。 窓の向こうから覗き込んでいる様子に、何か、笑ってしまう。 今日、完成させますよ。 さて、今日も良い一日に。

23. März 2020 (2)

弟が、ある国家試験に合格したとの知らせが。 おめでとう、おめでとう、おめでとう。 受かると思って、全く心配していなかったけれども。 確信犯的な頑張り方ができていたので、もう、生き方も身につけたのだなあ、と思っていた。 挑戦の仕方をマスターできると(つまりは、自分の持つ力を出し切ることができるようになると)、その心持ちによって、自分の生き方ができるようになるんだよね。 弟は二人とも、本当に良い生き方をしている。 私は、前回の節目にプレゼントしたものがなんであったかを忘れて、次の節目にも全く同じものをプレゼントするという駄目な姉だけれども(言い訳をするならば「彼にはこれだな」と思うものが、変わらないのよね)。 刺繍。 鳥の部分に立体感を少し出そうとキラキラする金の糸を三本取りで刺してみたら、コットンの糸でないからかごわごわで、力加減もわからず、刺し始め・刺し終わりの時には勢い余って指を刺し、流血。 わはは。 明日、3時間あれば完成するかな。 よく遊びに来るつがいの鳩に捧げる刺繍。 今日も良い1日でした。

23. März 2020

加湿器を使わず、暖房を入れないと、今朝の室内の温度・湿度は、こんな感じ。 空気が本当に乾燥している。 気温もこの時期にしては、低い日が多いような印象があります。 東京オリンピックについて、いろいろ言われているけれども。 私がちょっと心配しているのは、オリンピックを決行するためにコロナ対策がきちんと行われないこと。 日本での検査数が少なすぎるということは少し前から言われているけれども、 延期等の結果が出る4週間先まで、できるだけ普段の暮らしを続けようという向きで緩やかな対策を取るのは、少し危険な感じがします。 専門家ではないから、あれだけれども。 今の結果が出るのは10日から二週間先のことのようなので、今、十分な対策を取ることが大事なのではないかな。 観戦チケットの代金はすでに流用してしまっているだろうから、払い戻せないのだろうけれども。 中止にできない事情が山積みなら、来年に延期で良いのではないかな、と個人的には思います。 そして、今は、日本で爆発的な感染が起きないように努めるべきなのではないかな。 初動のあり方が、今後を大きく左右するようです。 みなさま、どうかご自愛ください。 元気でいましょう。 追伸: 目のホットマスクに使えるかな、と無印良品で買ってきて、今、別の用途で活躍しているもの: https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550002181673 本当に小さくて、薄いけれど、しっかりしていて、 手を洗うたびに交換してもお洗濯でかさばることもなく、室内干しでもあっという間に乾くので、とても良いです。 おすすめ。

22. März 2020 (2)

トースト用のパンがなくなったので、クリームチーズの使い道がなくなる。 賞味期限のことがあるので、何に使えるかしら、ということでパルメザンチーズや卵、生クリームも使ってチーズスフレを作る。 カレーの次にチーズスフレというのは普段の食生活にはないことで、確実にカロリー過多。 賞味期限に追われながら冷蔵庫にあるものだけで何かを作るということには、やはりいつもよりはもう少し工夫が必要とされるのだな、と思いつつ、熱々を赤ワインと一緒にいただき、昼食兼夕食にする。 でも、作ることは好き。 ガレット・ブルトンヌを焼くときのセルクルを見つけて、久しぶりにラム酒たっぷりのガレットを作りたいなあ、とか、あれこれ思う(直径5cm高さ1.5cmの大きさで、一つ300キロカロリーぐらいある、カロリー爆弾のようなフランスのお菓子。発酵バターで作ると美味しい。マロンペーストを挟んでも美味しい)。 胃が追いつかないけれども。 明日は、何を作ろう。 軽いごはんにしよう。。。

​Autorin 
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​© 2012-2020 Nana Miyata