MacBook Pro

MacBook Airが壊れて、近所のApple Storeに駆け込み、最終的に新しいMacを購入した。 店員さんと相談して、初めてMacBook Pro、それも新たに発売された容量の少し大きなものを購入する。 データは救出してもらえたので助かったけれども、Macの寿命が短すぎるような気がする。 ドイツに暮らしてからの購入履歴を振り返ると、デスクトップを含めるとこれで6台目。 3、4年に一度は買い換えているぞ。 ただ、ひたすら書くような仕事にしか使っていないけれども、そんなものかしら。 いつも、こんな時に?という時に壊れる。 これまでに買い換えたタイミングのことは全て思い出せるぐらい。 思いがけずリセット。

a new book

ミヒャエル・モーザーのドイツ語の史料集がミュンヘンのイウディツィウム出版社及び東京のOAGから10月に出版されます。 こちらの日本語の史料集の原文にあたります。 どうぞよろしくお願いいたします。 宮田奈奈

step up

Do not slip into self-comlancency and step up your efforts. 研鑽を積むことだけが人生。 自己憐憫、自己満足はいらない。 結果が全て。

leadership

トゥンベリさんの演説について色々な意見があるけれども、そもそも二酸化炭素による温暖化よりも、 太陽運動による寒冷化の方が人類を含む生命体には致命的な影響があるように思うので、そちらの方の問題に対策を講じることはできるのだろうかと考えている。 彼女の演説については、残念に思う。 大人に利用されていると言われても仕方がない。 子供だから、そしてアスペルガーだからという理由で、コミュニケーションにおいて必須な相手への敬意を意図的に欠落させているように思うからだ。 どんなに正しいことでも怒りで表明すれば、メッセージを届けたい人にこそ届かない。 冷笑されるだけだろう。 ヒステリックと形容される、あのような話し方でも話を聞いてくれるのは、良心や理解のある人だけだ。 「白黒つけるアスペルガーという才能」などを悪用しているようにしか思えず、彼女の周りにいる人の知性や品位のなさを感じる。 私たちの誰もに必要なことは、自分にリーダーシップをとること。 誰かの上に立つことでも、 誰かの下に立つことでも、 誰かを動かすことでも、 誰かに動かされることでもない。 自分が自分に指令を出して、生きられること。 自分で、考えよう。 人を変えようとすrのではなく、自分を変えよう。

ご報告

今日は、一つご報告があります。 その後、シュタイレック城で日本関係コレクションだけでなく、文書館の方も担当することとなりました。 オーストリア・シュタイレック城 美術館・文書館主任研究員 Wissenschaftliche Mitarbeiterin Leiterin für das Museum und Archiv Schloss Steyregg サルム家では、オーストリア史、ドイツ史の歴史家の研究協力も行っているのですが、 その分野も担当させていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 宮田奈奈

Schöne Zeit

とても嬉しい、というかありがたいことがあって、 もともと予定していた恩師との食事がお祝いの席になる。 いつものレストラン。 そのいつも賑わっているレストランに旅行中の女性二人がやってきて、 同席しても良いかと尋ねられる。 もちろん、もちろんと席を勧めて、4人であれやこれや話した。 私は、こういうのが大好き。 一期一会。 良い旅行になりますように。

Gustav Mahler

Daniel Hardingの指揮で、 ウィーンフィルの演奏で、 Gustav MahlerのSymphonie Nr. 4 G-Dur を聴くという僥倖に預かる。 こんなに幸せなことってあるかしら。 そして、お会いしてみたいな、と思っていた方にご挨拶させていただいた。 私も仕事をより一層がんばろう。 ありがとうございました。

crossroad

今日の空。 この色、なんでしょう。 特別に綺麗だった。 この写真のこのままの色。 一日中仕事。 楽しい。 今日もとても良い一日でした。

a shiny day

iPhoneで撮った写真だけれども、好きな写真。 ウィーンフィルのコンサートにご招待いただく。 お昼からのコンサートを聴くのは、初めてかもしれない。 ドイツ語の本が一冊校了。 次の本へ。

ein schöner Tag

夕方から山へ。 ぶどう畑で働いている人から、ぶどうをちょっと分けてもらったら、とても甘かった。 今年のワインはどうかな。 今日も素晴らしい一日でした。

beautiful world

朝のランニング。 秋だなあ。 去年は入院して、クリスマスマーケットに行けなかったので、今年は今から楽しみ。 ある人から大きな計画について相談を受ける。 ずっとお話を聞いていたのだけれども、これは達成できるだろう、と思う。 世の中にとって良いことだから。 数年はかかるかもしれないけれども、着実に前に動かせるイメージがあるので、必ず達成できる。 協力して欲しいということなので、喜んでとお返事する。 自分を大事にすること、自分が好きなことをすることと、 誰かや何かの役に立つことをすることは、矛盾しない。 ちょうどぴったりと噛み合うことがその人の使命のようなものだろうと思う。 自分を使い切って、生きていく。

Wien

テレビのお仕事の話など。 ある方と8時間ぐらいおしゃべりをする。 遠慮がいらないというのは、本当に楽。 いろんなことが同じくらいだと、楽にコミュニケーションが取れる。 この方は、ただひたすらに良い演奏ができるようにと音楽と向き合ってきた人。 お互いに一人の世界を生きている人とは、話すことが楽しい。 何より、私の非常に突出しているある特性だとか感覚について、すんなり受けいれてもらえる。 音楽と、数字と、言語は、共鳴している。 星の王子様の世界と同じ。 それぞれの惑星に一人で住むもの同士だからこそ、話せることがある。 地球で大勢で足並みをそろえて、人間として生きることがアウェー。 わかりやすく存在するということに多くのエネルギーを費やしている。 でも、迎えが来るその日まで、この星での滞在が続くのだから、 滞在を楽しめば良いのでは、とふと思う。 地球で人間として生きているというのは、旅。 この感覚は、子供の頃から変わらない。 ここは、自分の居場所ではない。 どこにも自分の故郷だと感じる場所はないし、いつだって、別の惑星からやってきた異星人のような感覚で、地球を旅している。 その感覚が欠落感のようでもあり、何かへの郷愁に強く囚われると、酸素の少ない水のなかで呼吸困難に陥った魚のような気持ちになる。 でも、その欠落感があるままに、そのままに、それを変えようとしないで旅を楽しめば良いのでは、と思いながら、歩いた道。 ウィーンという街があって、良かったと思う。 世界のいろいろな街を旅したり、住んできたけれども、私が知っている街のなかでは、この街が一番、楽天的。 素敵な街はたくさんあるけれども

12. September 2019

デンマークのある歴史博物館の館長から連絡。 あることを調べていたら、私にたどり着いたということなのだけれども、ちょっと面白い依頼。 デンマークには暮らしてみたい。

in Realität umsetzen

ウィーンは、秋が冬と手をつないで一緒にやってきた感じ。 でも、私が見ているのは、来年の春から初夏にかけて。 かたちにする。

2019 ⇨ 2020

今年も最終ターム。 だいたい3ヶ月単位で仕事の予定を組んでいるので、最後のタームです。 2020年に確実に出版される予定の本は、単著が2冊、共著が2冊。 それに加えてプロジェクトを一つ遂行する。 ロンドンで秋冬の洋服を買って、 電車に乗って、ペンザンスあたりに出て、海岸を歩く。 これが今、一番にしたいこと。

aqua

イギリスに帰省したい気持ち。 風と水と。

simplification

ただ、ただ、自分の命を活かすこと。 心からも暮らしからも要らないものを外して、ただ在ることができるように。

Spaziergang am Abend

夜の散歩。 ヴァイオリンを演奏している人がいて、それを聴いている人の中に泣いている人がいた。 いろいろあるよね。

ambient

NASA:火星に名前を送ることができます(9月いっぱい) https://mars.nasa.gov/participate/send-your-name/mars2020/

​Autorin 
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​© 2012-2020 Nana Miyata