宮田奈奈 略歴

 

オーストリア・シュタイレック城 美術館・文書館主任研究員

2003年国際基督教大学教養学部卒業。2007年ドイツ・ボン大学で修士号(Magister)取得(主専攻:日本学、副専攻:中国学、比較宗教学)。2012年同大学にて博士号取得(日本学専攻)。2011年ドイツ外務省後援・日独修好150周年記念展特任研究員。2011年から2012年までドイツ・フリッツ・ティッセン財団奨学生。2015年イギリス・エジンバラ大学大学院社会科学系健康科学研究科で理学修士号取得(心理療法学専攻)。2012年から2013年、2015年から2018年までオーストリア国立科学アカデミー近現代史研究所客員研究員。専門は、宗教史、インテレクチュアルヒストリー、16世紀以降の東西交渉史(主に、日墺交流史)。ドイツ語、日本語での著作多数。最近出版された編著に『少年写真家の見た明治日本:ミヒャエル・モーザー日本滞在記』2018年、勉誠出版// Dr.Hans Kühne (1875-1963). Deutscher Diplomat in Japan. Von Blüte im Frieden zu Niedergang im Krieg. 2019, Munich: Iudicium-Verlag / Tokyo: OAG // Mit der S.M.S. Kaiserin Elisabeth in Ostasien. 2019, Vienna: Böhlau Verlagがある。

使える言語:ドイツ語、英語、日本語

読むことのできる言語:中国語、フランス語

Wissenschaftliche Mitarbeiterin, Leiterin für das Museum und Archiv im Schloss Steyregg
Chief researcher for the museum and archive in the Castle Steyregg
CV
2015 MSc in Counselling Studies (Psychotherapy), The University of Edinburgh / UK
2012 PhD in Japanese Studies, The University of Bonn / GERMANY
2007 MA in Japanese Studies, Chinese Studies and Comparative Religious Studies, The University of Bonn / GERMANY
2003 BA in Liberal Arts, International Christian University / JAPAN
Working languages (speaking & writing): German (modern & handwritten old German), English and Japanese
Reading: Chinese and French
Qualifications: 
2016  Basic life-saving certification 
2015 "Herbs for everyday life", qualified in the UK 

​© 2012-2020 Nana Miyata