30. September 2020

今朝もランニングへ。 熱いアップルパイを食べたいな、と思いながら走る。 りんごを久しぶりに煮ますかね。 この年齢になって、随分年下の人から好かれるということが出てきて、ああなるほど、と思うことがある。 根拠のない自信があって、まだまだ野心のようなものが沢山ある男の人の可愛らしさのようなもの。 可愛いのは、可愛いだけで惹かれることはないのだけれども、有り難いな、と感謝する。 でも、大人になると、戦ったり、挫折したり、あれやこれや傷がついてもなお、その人が選び取ってきたものなどに惹かれるようになるのよね。 じんわりと伝わるものが良くなる。 ちょっと本当に休みたいな、と思う昨日と今日。 一つずつ仕事を進めていけると良いのだけれど。 出版社の人と来年の春に出す本、秋に出す本の打ち合わせをしていると弱気になりそうになるのだけれども、それをグッと堪えている感じ。 頑張れ、私。 穏やかな良い1日に。

29. September 2020 II

軽井沢に長らく滞在したウィリー・ザイラー。 亡くなった場所、亡くなった年がわからない人。 本の編集のお話をいただく。 明日、お返事を差し上げることにする。 ルシエンヌ・ボワイエ。 彼女の可愛らしくて柔らかい歌声が好き。 と書いていたら、今、この時間の夜に新聞記事のことで連絡をいただく。 とてもポジティブな内容でほっとする。 あとはいつ記事にすると良いか、ということだけみたい。 良かった。

29. September 2020

あるところからあることに関してオファーを頂く。 これで二箇所から頂いているかたちになるのかな。 選ぶのは、より新しい動きができるところ。 シェーンブルン宮殿にアトリエを構えている保全修復士の方から経過報告が送られてくる。 ヴィトゲンシュタインの妹のヘルミーネが分離派の会長も務めたホーエンベルガーに師事して共同で制作した大型の作品。 ホーエンベルガーは女性にも美術の世界を解放した芸術家でもあり、今、カルティエが入っている建物の上の階にアトリエを構えていた。 この夏は、夜にアイスを求めて外に出るたびに、そのアトリエのあった階を眺めていた。 大きな歯車が動いたなあ、と思う。 動いてしまうと前には戻れない。 休むこともできていないので、ちょっと胃が痛むけれども、覚悟を決めましょう。 と書いていたら、日本から送ってもらった荷物がドーンと届く。 7時にランニングに出たのだけれど、いつものご機嫌に配達してくれる郵便局の人の顔がやたらと頭に浮かぶので、あれ、これは荷物が届くのかな、と思って、引き返してきて良かったよ。 彼が郵便を配達してくれる時間は、新聞が配達されるよりも早くて、ちゃんとした服装で応対できたことはないのではないかしら。 今日はトレーニングウェアにボサボサの頭にメガネ。 荷物の中には、ボルボのボールペンもあった。 これは、今、この車に乗っている父からのプレゼントだと思う。 重みがあって書きやすい。 来年の手帳用のボールペンとして使わせてもらうことにする。 感謝。 今の社会にある問題のことは、もう理解しているように思う。 変えていきたいと思う。 穏やかな良い1日に。

28. September 2020

雨。 寒い。 今の自分は、ソフトをバージョンアップするために一度電源を落として、再起動する必要があるのに、電源を落とせないまま動いているパソコンのようだと感じる。 他の人も同じかしら。 決めることが多いのだけれど、判断力と気力が少し弱っていて、実際よりも余計に大変さを感じてしまっているような感じ。 ちょっと休みたいな、と思う時の自分は可愛いものに耽溺する。 そのうちの一つが刺繍。 仕事が肩に重くのしかかっているのだけれども、少し時間を作って、また何かを作りましょう。 心に栄養を。 穏やかな良い1日に。

27. September 2020 II

夕方から日曜日も開いているプリントショップへ。 本みたいなボリュームのものが出来上がった。 対応してくれた店員さんがなんとか安くと思ってくれたようで、何かの割引を適応して下さり、50ユーロ分安くして下さった。 優しいなあ。 「作業中に少し見てしまったのですが、とても綺麗ですね」と言ってくれて、とても嬉しい。 「ありがとう。印刷もとても綺麗で嬉しいです。あなたの提案してくださった紙が素晴らしいです、ありがとう」と伝えたら、それまでぶっきらぼうな感じの口数の少なかった方だったのだけれども、照れたような感じで少し話してくれた。 本職は、ヘビメタかロックミュージシャンなのかな。 全ての指に尖ったゴツゴツしたシルバーの指輪がはめられていて、爪も綺麗に尖っていた。 髪はサラサラのロングヘア。 あの爪のデザインには何か意味があるのかな、どんな音楽を演奏しているのかな、と想像する。 良い日曜日の夜を、そして良い一週間を、と言っていただき、マスクの下の笑顔で別れる。 親切にして下さり、感謝。 ありがとう、ありがとう、ありがとう。 日が暮れた街を歩き、近所の応援したいレストランで夕食をとる。 ターフェルシュピッツの美味しいお店。 ほぼ満席で、もちろん感染のことは頭にあるのだけれども、久しぶりに賑やかな場所にいられて幸せだった。 店員さんや隣の席に座っていた方と少し会話をして、別れる。 ニューイヤーコンサートが開催されることが決まったことを知り、よかったなあ、と思う。 楽友協会、ウィーン・フィルの歴史だものね。 その決断に矜持を見る。 どうか、このままコンサートを継続できますように。 どうか、無事で

27. September 2020

朝のランニングへ。 日曜日でも教会の朝7時の鐘が鳴っていて、寝坊はできないようになっているのだな、と思いながら走る。 誰かのことを好きで、好きで、好きで、大事過ぎて、失うのも怖くて、苦しくなってしまって、苦しいのはもう嫌だと思って、相手との関係を自ら終えてしまう。 もうこれ以上は頑張れなかった、という恋愛だけれど、こういうことは恋愛でなくても起きると思う。 大事なものを大事にするには、頑張れない時には頑張り過ぎないことも必要。 頑張らないと大事なものを大事にできないわけではないから、 頑張れないからという理由で、大事なものを手放す必要はない。 でも、そのあたりのことは本人にしかわからない。 人生は、命はその人のもの。 今は辛いね。 自分に優しく。 大切な人に優しく。 自分に優しくしてくれる人を大切に。 今日も穏やかな良い1日に。

26. September 2020 II

1日中、椎名林檎さんの歌を聴いていた日。 仕事も一つ完成。 いつもお世話になっているカメラマンさんにまたご実家で採れた洋梨をいただいたので、それと生ハムでサラダにする。 洋梨は前回の1.5倍の大きさで、数週間の間に随分大きく育ちましたね、と話したら、笑っていた。 とても甘くて美味しい。 今夜はそれと胡桃のスパゲティ。 なぜかお正月みたいな日。 今日も良い1日でした。

26. September 2020

可愛いものがたくさん。 眼福。 この歌も可愛い。 中原淳一さんの本を書庫から持ってきて、眺める。 今日は可愛いものに一日囲まれていましょう。 一番下の弟がお誕生日なのでメールをする。 仕事も元気に頑張れているようで何より。 穏やかな良い1日に。

25. September 2020 II

520ページ、完成。 ものすごく時間がかかったけれども。 わはは。 なんだったのだろう、あの当初の自分の予測よ。 Madame Butterfly オペラ座での公演、観てみたいな。 来年かな。 今日はとりわけ良く頑張りました。 最前は尽くした。

25. September 2020

朝からずっと結構な雨が降っている。 母から連絡があり、アメリカのトールペイントの試験に合格したらしい。 10年くらい挑戦していたのかな。 毎回、ちょっと点数が足りなかったという連絡を受けていた。 そういう壁を超えられることって、すごいことなんだよね。 素晴らしい。 私も仕事を頑張りましょう。 今日も穏やかな良い1日に。

24. September 2020 II

来年のオペラ座での舞踏会が中止になったことを知り、なぜか落ち込む。 オーストリアの顔とも呼ぶべき文化催事が中止になるのは、明かりが消えてしまうようで、インパクトが大きい。 楽友協会の側を通ったら、チケット売り場が開いていたので、覗いてみる。 ベートーヴェン、聴いてみたいな、と思っていたのだけれど、全く予定が立たなかったので、チェックもしていなかった。 さすがにチケットは売り切れてしまっているだろうと思いながらも、尋ねたら、まだ購入できるということだったので、マチネのチケットを購入する。 チケット売り場の女性が客席のことなどを親切に教えてくださったので、とてもありがたかった。 少し世間話もしたのだけれども、指揮者の方が93歳と聞いて驚く。 すごいことだな。 ドイツの出版社の人とやりとりをする。 晴明の本。 夕方からKHMへ。 木曜日は21時まで開いている。 年会員を延長する。 人が少なくて、自分の都合だけを言えばありがたいのだけれども、これは大変な赤字を計上していることだろうと思う。 観光客がいないということは、こういうことなのだな。 本当にガランとしていた。 あることについて心を決める。 来年から引き受ける役割について。 自己の斬新。 今日も良い1日でした。

24. September 2020

スマイソンから送られてきたレフィルの色が異なるものだったので、カスタマーサービスにそのことを連絡をすると、正しい色のものをすぐに手配してくださった。 そして、届いたレフィルもプレゼントしていただけることになり、大いに恐縮してしまう。 スマイソンのカスタマーサービスには以前にもお世話になったことがあるのだけれども、対応がとても丁寧で、老舗の伝統や矜持に背筋がすっと伸びる思いがする。 それでは、同僚でこの色のレフィルを使っている人がいたら、その人に贈らせていただきますね、いつも丁寧に対応してくださり、誠にありがとうございます、と返信したら、 こちらのミスで申し訳ありません。重ねてお詫び申し上げます。 あなた様がお持ちのカバーに合うレフィルの色はもちろん、あなた様がご所望の色です。 我々スマイソンはディテールを大切にしており、そのことをお客様に喜んでいただけることを誇りにしております。 同僚の方にも喜んでいただけますように。 という返信があった。 英語もとても綺麗で、美しいやりとりをさせていただいたことに感謝する。 おそらくネイビーかブラックのカバーを使っている方が、この色のレフィルを選ぶのだと思う。 お譲りできる方が見つかるまで、保管することに決める。 昨日は、なんだか、とてもありがたいことの多かった1日。 感謝。 500ページと考えていた仕事は520ページに。 こういうところの目測はかなり正確なのだけれども、今回大いに外してしまったのは、この仕事にかかる時間のこと。 一度、ある方に提出して、今は最後の詰め。 こちらの新聞記者さんにもあることで連絡を取る。 思いついてから一年以上経

23. September 2020

昨日は夕方からアルベルティーナへ。 年会員になるといつでも思いついた時に出かけられるので、毎年更新している。 今は、ゴッホ・セザンヌ展が開催されている。 アルベルティーナで常設展示されている印象派コレクションは素晴らしいのだけれども、企画展であるゴッホ・セザンヌ展も見応えがあった。 線描画の展示も開催されていて、デューラーやブリューゲルなどの作品も間近でゆっくりと観ることができた。 美術館にとっては由々しき事態ではあるはずだけれど、鑑賞者が少なくて、フロアによっては一人だったこともあり、その僥倖に感謝する。 美術館のあの空間がとても好き。 絵画の世界に入り込むと、簡単に別世界を旅することができる。 とりわけシュールレアリズムの作品は脳内旅行に全面的に開放されていて、美術館を訪れる前と後では自分の頭の中がすっかり変わってしまうくらいに影響を受ける。 KHMにも近く行こうと思う。 ここも年会員になっているのだけれど、今年はコロナのことがあってから一度も行けていない。 これから寒くなるし、いよいよ他国への旅行が難しくなりそうなので、脳内旅行をするために夕方から美術館に出かけることを一つの楽しみとしようと思う。 カフェでホットチョコレートなどを頂いて、ゆっくりしてから帰宅して、夕ごはん。 良い日課。 今朝もランニング。 目の前で3人のランナーがスプリンクラーの水を浴びていて、お互いに笑い合う。 飛距離がね、思っているよりもすごいんだよね。 そこまで飛ばすんだ、という設計で、歩行者の存在が無視されているのが面白い。 今日も穏やかな良い1日に。

22. September 2020

すっかり秋。 色々と思うところはあるかもしれないけれども、希望のある方向へ顔を向けて、毎日を大事に過ごしましょう。 自分に厳しくしすぎないように。 現実的であることは大事なことなのだけれど、状況が芳しくないときに論理的な帰結として導き出す未来像は、おおよそ悲観になりがちなので、そういう時は思考をお休みさせる。 苦しい気持ちに追い討ちをかけるようなことを言ってくる人、する人とはこの機会に絶縁しても構わないのではないかしら。 仕事関係の相手であれば、いつか見返すぐらいの気概で無視しましょう。 色々なお仕事、役職の方にお会いするけれども、人間性と仕事の大きさや社会での役割、人との出会いなどは、ある時から比例してくるもの、釣り合うようになるものだという印象があります。 だからこそ、自分がどんな人間でありたいのかという理想や大義を大切に。 社会は理不尽で不公平なのだけれども、それが最善を尽くすということなのだと思います。 待つことが仕事のような時も人生にはあります。 今は待つ時だとわかっていれば、動くべき勝負所の勘が働くようになるので、今、時間ばかりがある人は、時間があるからこそできることをやっておくと良いです。 こんなことをしている場合じゃないのに、の「こんなこと」をすればするほど良いかもしれない。 冴えないように思われた日々を不思議と宝物のように思い出す日が来ます。 そういう自分だけの物語を心に描いて、しなやかに生きられますように。 写真は、母から譲り受けたワンピース。 60代でこのワンピースを着る母は若いと思う。 今日も穏やかな良い1日に。

21. September 2020

拾得物を届けに行く。 わざわざ持ってきてくれて、どうもありがとうと言われるけれども、他の人はどうしているのでしょう。 この建物の入り口のすぐそばに拾得物を入れることのできるコンテナーみたいなものが置いてあったので、そこに入れているのかな。 友人が土曜日に拾ったと言っているのに、書類を作成する担当者の方が復唱するたび日曜日になっていて、二人のやりとりがちょっとしたコントのようで、吹き出さないようにするのがしんどかった(二人はいたって真面目にやりとりしていただけだから)。 友人がなぜ持ち主に怒鳴られたのかは謎だけれども、ひとまずこれで気持ちがすっきりした。 ご近所に音大があるのだけれども、長年、一つの大学だと思っていた。 赤色の看板と青色の看板があるなあ、なんとなく名称が違うなあ、ぐらいにしか考えていなくて、どちらの入り口から入っても、中では建物が繋がっているのだと思っていた。 今日、ふと立ち止まって大学の名称を確認して初めて違う大学なのだと気付いた。 お馬鹿さんである。 私のこういうところ、本当にどうにかしたいのだけれども、意識外のことなので、どうにもならない。 少し前まで教会でパイプオルガンのコンクールが行われていた。 実は、たった今も聴こえてくるのだけれども、賛美歌であるはずなのに不穏なメロディーのように聴こえるのはなぜでしょう。 パイプオルガンの演奏は、音を全身で浴びるような感じで、奏者にとっては甘美な体験だと聞いたことがある。 一度、弾かせてもらいたいなあ、と思いつつ。 スマイソンで注文したものが届く。 早い。 流石のDHL。 今日も穏やかな良い1日に。

20. September 2020 II

バターケーキ(パウンドケーキ)を焼く。 型の大きさを間違えたために、横長のケーキができた。 わはは。 このケーキを作るたび、バターの量に驚くけれども、冷蔵庫で冷やして、少しずつ頂きましょう・・・。 焼きたては、外側はバタークッキーみたいにサクサクで、中はふわふわ。 冷蔵庫で寝かせると、甘みが凝縮されたしっとりとしたケーキに。 涼しくなってきた頃に食べたくなる素朴な味のケーキ。

20. September 2020

友人がトラムで身分証明証や保険証など大事なカード類一式を拾い、その中に見つけた持ち主の連絡先と思われる連絡先に電話をしたら延々と怒鳴られたと言う。 その反応がとてもおかしい。 詳しい状況がよくわからないけれども、お礼を言われてしかるべきではないの? それなのにその友人は、自分の名前と自宅の住所を記載した封筒でその持ち主に郵送すると言うので、それはやめておきなよ、と全力で止める。 おかしな反応をする人に対しても実直に対応するところが敬虔なクリスチャンである友人らしいといえば友人らしいのだけれども、そんな人に個人情報を全て晒すことについては、私の方が気が気でない。 日本でも高齢の人を狙った詐欺が横行していると聞くけれども、高齢の人の判断力が少し低下したところとか、人の役に立ちたいような希望とか、優しさがこんな風に発揮されてしまうと、簡単に犯罪に巻き込まれることがわかる。 日曜日にも開いている郵便局に持って行こうとしているので、喧嘩になりそうになりながら、私がその拾得物を預かる。 今回のことが犯罪に関係するのかどうかは知らないけれども、何かあってからでは遅い。 普通に考えて、その持ち主はお財布を盗まれたか何かなのだろうけれども、それにしたって、その問題に友人が個人的に関与する必要はない。 調べてみると、ウィーンでは今は拾得物を扱う場所は一箇所にまとめられている。 明日、その友人と一緒にその場所に赴き、朝一で届けることにする。 最寄りのトラムの駅から出発しても、往復で40分ぐらいかかるぞ、と思いながら。 この世代の人の頑固なところとか、我慢強いところとか、滅多なことでは病院に行きたがら

19. September 2020 II

うんと年上の友人。 ランチの約束をすっかり忘れていたので、夕方にお昼兼夜ごはんにする。 歳かしら、と言うので、そうかもね、と答える。 和食が好きな人なのだけれども、胃に優しい感じの家庭料理が良いらしい。 ご馳走はレストランでも食べられるけれども、こんな感じのごはんは確かにレストランでは食べられない。 家庭料理というのは、貴重なのかもしれない。 明日はポトフかな。 日本屋さんでワンタンの皮を買ってきたので、近くワンタンスープも作りたい。 元気でいましょう。

19. September 2020

2時に起きて、それから眠れなくなってしまい、本を読む。 体温がおかしくなってしまったので、暖かいお風呂に入って、もう一眠りしようかな、とお風呂に入り、うとうとしていたら、日が昇る。 その日差しが特別に美しかったので、結局、眠らずにランニングに出る。 お風呂で温まってから走るって、体にどうなのだろう、と思いつつ。 ちょうどあらゆる素敵な建物に日差しが当たる時間帯で、まるでスポットライトのように陽の光が当たっている様子が綺麗で珍しく建物ばかりを写真に収める。 おまけは、マネキン。 不思議なポーズをしているマネキンを見つけるのが一つの楽しみになっているのだけれども、今日はアンニュイに首を傾げているマネキンを見つけた。 足の内股の加減とか、モデルさんみたいだな、と思いつつ。 プリーツスカートの雰囲気にぴったりです。 真ん中の弟の家が完成して、引越しが始まったらしい。 姪っ子ちゃん二人は元気そうで、何より。 二人とも小さい頃の弟の面影が確実にあって、遺伝子って面白いなあ、と思う。 二人がいつか留学したいという希望を持ったら、言葉は教えてあげられるかな、と思う。 成長を見守れる小さな人が家族にいるというのは、とても嬉しい。 一番下の弟も仕事を頑張っているようで、何より。 真ん中の弟の家で兄弟だけで集まることがあったとき、まだ学生だった一番下の弟が、真ん中の弟が好きなヨックモックのシガールをお土産に持ってきたことには感激してしまったのよね。 大人になったな、と思って。 ちょうどそのときに今の仕事の面接の電話があって、真ん中の弟が一番下の弟に連絡の仕方などを伝授していたのを微笑ましく眺めていた

Prof. Dr. Peter Pantzer

先生の仕事をまとめることもしているのだけれども、凄まじいなあ、と思う。 こんな人、他にいるのかな。 常日頃から思っていることだけれども、人間の大きさが違う。 私たちがアジなら、シロナガスクジラみたいな感じ。 この年齢でパソコンを使いこなし(すべてのキーを人差し指で打っているところが可愛いのだけれども)、わからないことがあれば、アップルストアのジーニアスへ行き、学んでくる。 無料で教えてもらったり、助けてもらった時は、ランチ代を渡すのだそう。 たまに先生の研究を修正するような研究が出てくるけれども、そのような人がちょっと不遜な態度をとっているのを見ると、アジで終わってしまうのかな、と思う。 ゲーテは、こう言っています: 「忘恩はつねに一種の弱さである。わたしは有能な人たちが恩知らずであった例を知らない」 あらゆることは、「巨人の肩に乗って」なのだと思う。 先生の凄まじさは、とにかく仕事人間であることにあって、他の欲がゼロということにある。 いつも、いつも、いつも人助けをして、自分は助けてもらうということがない人のようだったので、それならば私が助けましょう、というところで始まった最小単位のチームだけれども、色々と学ぶことが多かった。 お金でも能力でもなんでもそうだけれど、持っている人のところには欲しい人がやってくる。 そして、与えてもらったことへの感謝も忘れて、去ってゆく。 持っている人は仕方がないと思っているかもしれないけれど、でも、人間なのよね。 いつも与える経験をしていれば、疲弊する。 何か他の形でも与えてもらう経験を人間として必要としている。 優しい人に無理をさせることが嫌

​Autorin 
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​© 2012-2020 Nana Miyata