Featured Posts

Taipei


Taipeiは、とにかく深い、そして重い。

ものすごくバイタリティーに溢れていて、混沌としている。

日本よりも西洋的に感じる部分もあるし、東洋的に感じる部分もある、強烈な土地。

伝統が守られているけれども、若い人がよく育っている、未来志向の土地だということがよくわかる。

中国は行ったことがないけれども、全く違うのではないかしら。

お正月前ということもあって、買い出しに付き添わせてもらったのだけれども、この活気には最も気圧された。

医食同源という考え方があるけれども、それが暮らしを構築している。

ごはんは美味しいし(ちょっと油っぽいお料理も多いけれど)、とにかく滋養と活力のある世界。

漢方のお店にも連れて行ってもらって、その考え方に深く共感する。

道教のお寺でお祈りの仕方を拝見させてもらったのだけれども、これがまた強烈な経験だった。

世界観、人生観がここまで違う世界があるのだな。

占いの結果を重要な指標とすることも、私にはあまり馴染みのないことで、その心のあり様を想像して、色々と考える。

故宮博物院も頭がクラクラするほどやはり強烈なところがあって、展示図録をしっかり複数購入する。

ここは、とても大事な仕事を続けている場所で、ある意味において聖地だと思う。

龍山寺でのおみくじの内容は忘れられないだろう。

二日続けて行って、一日一つ、二つのことにお伺いを立てたのだけれども、あることについては、バッサリ却下されて、まるで外科手術を受けたかのようだった。

これは、四柱推命でも同じことを言われたから、きっとそうなのだろうな。

ちょっと悲しいけれども、思い当たるところがあるので、あまり驚かない。

少しでも苦しいことというのは、執着がある証拠なので、手を離した方が良い。

そして、もう一つのあること、それは自分自身のことだけれども、これも四柱推命と同じ結果で、やはり、これも自分で思っていたことだったので納得する。

自分の一生を祝福して、応援してくれる言葉だったので、ありがたく受け取る。

自分が持っているカードを切って、世界で大きく生きていく。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。