Featured Posts

bis Februar


カザルスのCDを相変わらず聴き続ける。

サン=サーンスの「白鳥」が流れるたびに、去年(先月)伺ったヘーデンボルク・トリオさんのコンサートを思い出す。

この曲をアンコールで演奏してくれたのだった。

ヘーデンボルクさんの「白鳥」の方が、ゆっくりで、どこか幻想的で好きだったかな。

「おやすみなさい」の曲として紹介されたからか、そういう曲としてインプットされた。

ベートーヴェンのピアノトリオのCDを2枚出されていて、最初の一枚はもう聴いているのだけれども、録音時の空間の広さが伝わってくる好きなCDです。

2枚目は品薄になっていて、やっと取り寄せることができたので、聴くのが楽しみ。

仕事は、やりきる。

18時間では済まなかったし、顔色が良くないけれども、最善は尽くしたと言える。

編集を担当させていただいたご本は、良い本になるはず。

ブログは、ウィーンを離れている間はお休みします。

また、2月にお会いしましょう。

みなさまも、ご自愛くださいませ。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。