今日も今日とて仕事。

昨日の夜、自分が生まれた時間ぴったりに目が覚めて、しばし満月を眺めた。

満月の夜は必ずと言って良いほど夜中に目が覚める。

そして、大体の場合、自分の中に沈殿していた悪い想像とか、悲観的な考え方とか、後悔とか、そういう思いが浮かび上がってきて、身を切られる思いにたたずむ。

昨日の夜も例外なくそうで、落ち込むけれども、目が覚めたら、どうでもよくなっていた。

どうしようもなく合理的なのだと思う。

落ち込んでも仕方がない、考えても仕方がない、という感じで執着する気力のようなものがない。


昨日のうちに、青木の翻訳一章を仕上げたので、少し気持ちが楽になる。

晴明とは全く別のベクトルの大変さがある仕事で、久しぶりにしんどい思いをしているけれども、これが完成したら成長できると思えば、進める。

芸術の域に達するような美しい仕事をしたい。


生き方でもなんでも、美しいのが良い。


そして、今日は再び来月10日提出締め切りの論文に戻る。

楽しいのだけれど、時間が厳しくなってきているような感覚があって、胃がちょっと痛い。

時間はいつでもちょっと足りないような感じがするなあ。


あとでお散歩がてら、お花を買いにいきましょう。


今日も良い1日に。



2023年について考えている。


私が今、一つの節目と捉えているのは、2023年。

この先の時間において、当時はできなかったことで、リベンジしたいことがある。

正確には、リベンジというより、その時とは違う、新しい形で実現したいこと。


今日も良い1日に。


仕事、仕事。



寝室の薔薇。


ベッドとこの引き出しは、この部屋に前に住んでいた人から譲り受けたもの。

私の趣味ではないのだけれども、ベッドが巨大で、マットレスが良いので、そのまま使っている。

自宅でこんなに大きなベッドに寝ていると、どんなホテルに泊まっても自宅の方が良いなあ、と思ってしまう。

ホテルの素晴らしさというものはあるけれど、自宅がどこよりも理想的で居心地が良い場所だという方が良い。

日常が素晴らしいということが好き。


今日も今日とて仕事。

ま、仕事が趣味なので、週末も関係がない。

休みたいときに休めれば良い。


ロックダウンは5月19日まで延長された。

長いなあ、と思うけれど、この特殊な時間を楽しむ方向に舵を切れますように。


今日も良い1日に。


​Autorin 
IMG_5590 2.jpg
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square