Featured Posts

3. Dezember 2020 II


アルベルティーナ美術館で見つけた手提げ。

デューラーのウサギ。

持ち手が短くて、とても可愛い。


来年は、梶井基次郎の『檸檬』をドイツ語に訳す。

これは楽しみ。


本当のことを言えば、今は少し空っぽの時間を過ごしたい。

でも、来年の12月がゴールの仕事が進んでいる。

本の仕事が3冊か4冊、展示が2つ、図録の監修が1冊。

その時間軸があるけれど、私は来年、新しい方向に舵を切る。

これまでのことと新しいことが、ある地点から同時に走り出すのだろう。

正直を言えば、これまでのことをやめてしまいたい。

そのことには十分すぎるほどの理由があるけれども、誰かに言えるはずもなく。

責任のある立場での仕事なので、その責任は全うする他、選択肢はない。

どうにかそれを楽しみに変えられますように。


と書いていたら、この建物の管理人さんからメール。

昨日のガス点検の報告と私の家の何かの修理が必要とのこと。

その修理の相談なのだけれども、彼が全て手配してくれるらしい。

親切だな、と思う。

いつもなんだかとても親切な人だと思う。


今日も良い1日でした。



Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。