Featured Posts

9. September 2020


今朝はよく寝た。

疲れが身体に溜まっていたみたい。

その疲れのレイヤーが取れたような感じ。

夢では、誰かと一緒にチョコレートを食べていたけれども、誰と食べていたのかは思い出せない。

そのチョコレートは、とても美味しかった。

中学生の頃の英語の先生のことを思い出す。

毎日、とてもきちんとした服装をされていた先生。

アイロンをかけたシャツをミモレ丈のスカートにインするスタイルで、ウエストの細さが際立っていた。

最近、似たような服装をすることが増えているのだけれども、少しでもお腹が出るとダメなスタイルだということがわかり、改めてその先生のきちんとしていたところを尊敬する。

お化粧も毎日きちんとしていて、肩までの髪も綺麗にブローされていた。

面白かったのは、男言葉で話していたところ。

見た目と声が完璧に女性なので、そのギャップが逞しかった。

外国語ばかりを学ぶ県立の高校に進学することが決まり、卒業式の時に挨拶に伺ったら「宮田、語学に近道はないぞ。コツコツコツコツ学ぶんだ。お前は、いつか世界に出ていけるよ」と言われた。

あの頃は、海外に出るということは、まだ本当に大変なことだったのかもしれない。

今もビザのことなどがあるけれども、それでもあの頃に比べれば門戸が開かれているのだと思う。

近くビザを更新する。

今のビザはちょっと特殊で、高度技術なんとか者に発給される、なんとなれば起業しても良い、とても条件の良いビザなのだけれども、それを更新できるだけの条件を再び整えられたのは、兎にも角にも周りの人のおかげ。

私は本当に人に恵まれている。

応援してくれる人がたくさんいる。

いつかと言わず、もう、自分もそういうことができるような人間へと変わりたい。

そのビジョンとともに、これまでの目標だとか、希望だとかを点検して、更新する日々。

若気の至りによる欲望を抱えたまま、希望だと勘違いしていないか、とか。

子供の頃の何か、とか、以前の満たされぬ思いを満たすために今を生きるのは、もったいない気がする。

手に入れたら興味が失われるものは幻影。

叶ったら目が覚めてしまうものやことを目標だと思っていないか、と自分に問う。

変な言い方だけれども、人生は量より質で、そのあたりの判断ができるのは本人だけなのだ。

今回、ビザが更新されたら人生が変わる。

日本からドイツに旅立った時と同じくらいのインパクトがある。

大きな節目。

今日も穏やかな良い1日に。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。