Featured Posts

August 2020 II


追伸:

おかげさまで、私は元気にしております。

暑さに弱いのだけれども。

明後日から国立図書館で仕事をするつもりです。

ギアを入れましょう。

展示のお仕事、本のお仕事(ドイツ語3冊)、原稿書き(完成した!)、英語の論文、プロジェクト。

あとはドイツ語で書いたものもどこかで発表させてもらおう。

その時にこちらの新聞でも発表すべく、相談する。

ありがたい事ばかり。

だから、最善を尽くす。

よく生きる。

重めの交渉が続くと、うーんとなってしまうのだけれども、それも経験。

あるところの館長にも、お会いすることになったし。

日本での展示をよくしているということで、何かのお話があるらしい。

プロジェクトのようなことは、関係者にとって、全体にとって、一番良い形で実現できる方法をいつでも模索したい。

勝ちにゆくというのは、そのために戦略的に実現させるということ。

争いやエゴなどの利害でダメにしないように、誰かが我慢することで成立させるようなことがないように、勝ちにゆく。

とても有名な『智恵子抄』の一節:僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る。

高校生の頃からのモットーの一つ。

これまでの経験だとか、あれこれを総動員して、このプロジェクトは実現させる。

外国人的なハンデはとうになくなっていて、その厳しさにもたまにうーんとなるけれども、それこそ光栄なことだと思って、頭を上げてゆく。

ゲーテはこう言っています:

自分一人で石を持ち上げる気がなかったら、二人でも持ち上がらない。

これも好き。

あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ始めなさい。

向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。

ここから先は、自分を自由にして、自分の持っているものを使い切りたいと思う。

解放。

皆様もどうかお元気で。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。