Featured Posts

27. April 2020


19世紀初期のウィーンの彩色石版画。

シュテファン大聖堂や王宮の位置関係からも、ここが現在のどのあたりなのか、いまいちつかめず。

この塔のようなものは、今はもうないはず。

どこでしょう。

でも、人々の往来を眺めていると、よく利用されていた道であることがわかるし、この道をベートーヴェンも馬車で走ったかな、など想像するのが楽しい。

今日も穏やかな良い一日に。

追記:

知り合いの詳しい方に写真を送ってみたら、すぐに判明しました。

この石版画は、コールマルクト(Kohlmarkt)の今のデメルの前にあった出版社・本屋さん(Artaria Verlag、1770年創業)で作られたもの。

楽譜の出版社として有名で、ハイドンやモーツァルトの楽譜の出版権を獲得していたそうです。

ベートーヴェンの初期の作品の楽譜も出版していたそうですが、のちに激しい係争関係に。

今は、その出版社があった場所にプラダが入っているのかな。

石版画に見える通りは、Triester Straße。

ウィーンとバーデンを繋ぐ道で、グラーツを経由してトリエステに出る道だったそうです(だから、Triester Straße)。

そして、ベートーヴェンがバーデンの温泉に馬車で向かう時にいつも通っていた道だそうです:-)

この塔もまだ残っているそうです。

外出制限が解かれたら、訪れたい。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。