Featured Posts

the next chapter

15年前にほんの少し言葉を交わして、

今回初めてお話しさせていただいた方とは、

同じ時計で生きていたのではと思うほどに、起きた出来事に重なるところが多すぎて、

おまけに実際に腕時計が同じところの型違いのもので、ご縁というものの不思議さに打たれる。

生きていると、嬉しい答え合わせの瞬間が巡ってくるものだけれども、

今回のこのことも嬉しい答え合わせでした。

お互いに全く別々の道を歩いていたはずだけれども、知っている方々がそれぞれに知り合いで、

同じ輪のなかにいたことを知って。

あることの予感があるけれど、それを実現するのは自分。

次の章に進む感じが強いけれども、

自分自身はこれまでと変わらず、研鑽を積むのみ。

ハードルを上げて、自分への負荷を大きくして、より一層仕事に邁進して参りたいと思います。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。