Featured Posts

Kinder- u. Jugendliteratur


児童書の展示会へ。

子供ばかり。

隣に座って本を読んでいた子が、涙を流すほどに笑い転げていたので、

引率の先生が何がそんなに面白いのか教えて?と話しかけていた。

その子は、まともに話すこともできないぐらいに笑っていたから、

つい先生も私もつられて笑い出す。

こんな本の読み方ができるなんて、いいなあ、と思う。

ある女の子は、展示室の片隅で一冊の本をずっと読んでいた。

途中で退室しなくてはならなくなり、悲しそうな顔をして、部屋を去っていった。

お母さんかお父さんにまた連れて来てもらえるといいね、と思いながら見送る。

集中して本を読みすぎて、グッと疲れて、いつものカフェに向かう。

なぜか、横断歩道を渡ってきた人にコーラスに入らないかと誘われる。

その人が口にした言葉が、私が次の本のタイトルにと考えていた言葉だったので、

これはいけるんだな、と思う。

今、新たにいただいている本の話が3冊。

緑の多い場所にもう一つ部屋を借りようかな。

そういう場所にこもって本を作りたい意欲がムクムク湧いてきた。

本を書く意味が、ようやくわかった。

ということで、いつかと思っていた老舗のお店で名刺を発注する。

メールアドレスさえ載せていないシンプルな名刺。

Because I'm just me.

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。