Featured Posts

second to none


これは、エジンバラ大学の庭。

ウィーンも結局夜から雨が降りました。

second to noneというのは、(当代)随一という意味で、ドイツ語にはない表現です。

似ているのは、niemanden nachstehend(to be behind no-one)で、こちらの方がイメージしやすい(「後続する者がいない」)。

未来の私は何をしているでしょう?もドイツ語の方が概念は理解しやすい。

What would future me do?

未来の私

Was würde mein zukünftiges Ich tun?

私の「未来の私」

哲学に向いている言語だということは、よくわかります。

ということで、仕事に戻ろう。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。