Featured Posts

story

いろいろ思うことがある。

少し前に、ある方が亡くなった。

いわゆる大富豪で、日本が大好きで、オーストリアに日本の温泉旅館を作ろうとしていた人。

だからこそ悪い人も彼の周りにはいた。

最後に彼を利用して、変な裁判を起こして、大きなお金を持って行った人も知っている。

このお金を持って行った人のことは、最初に会った時から、どうしようもない人だと思っていた。

嘘つきは泥棒の始まりというけれど、軽薄で、ずるくて、どうしようもなかった。

そのどうしようもない人のために、彼の温泉を作る計画や、他の計画も流れてしまった。

どうしても先行きが真っ暗にしか見えなかったから、

私は、このプロジェクトには参加しなかったのだけれど、

なぜ、猜疑心の強い彼が、こんな詐欺師を信じてしまうのだろうと最初は思った。

でも、詐欺師は、猜疑心を解く方法を知ってるのだった。

彼のどういうところが弱いか、よく見えていた。

彼は、このどうしようもない人を信じて、裏切りに遭い、最後の夢を実現できなかった。

この一連のことが5年ぐらい続いていたのだ。

裁判が終わり、敗北した彼は、もう終わりだと言った。

お金が底をついたのではない。

気力が尽きた。

そして、最後は旅行を楽しむだけになった。

結婚はせず、親戚もいなかったから、遺産は全て会社に渡った。

お城を買って、自宅としては別に、周囲には見渡す限り自庭しか見えないような大きな家も購入し、日本に渡航する時はいつもファーストクラスで、足が悪くなってからは自分の電動車椅子を乗せるためだけにファーストクラスをもう一席をおさえるような旅をしていた。

実業家としてなんでも実現してきたのに、なぜ、最後の生涯の夢がこうなったのかな。

救いは、最後のお手伝いさんが心の優しい人で、彼が亡くなった時に泣いてくれたことだと思う。

運命は決まっていないというけれど、自業自得という言葉も使いたくない。

人生は時間でしかないのかな、とも思う。

そう考えるとシビアだ、いろいろ。

人生は物語だから、点を回収して、円を描くように終われるといい。

そういう生き方をしないとだめだ。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。