Featured Posts

universe


こちらを見つけました(数年前にリリースされている曲なんだね)。

ずっと聴いていられるし、見ていたくなる世界で、トム・クルーズが現れても驚かない。

思い立ったが吉日とか、日本語の言い回しが音としてもはまっているようだけれども、

英語でリリースしたら、どうなるのだろう。

地球で眺める夜空は、宇宙。

この二人がいるような部屋で休んでみたいと思う。

いつか、人類は本当に宇宙に出て暮らすのかしら。

スマイソンでbring it onというノートを見つけて、

中学生の頃の野球部の掛け声「バッチ来い」を思い出した。

bring it on自体は、一般的には喧嘩上等とか、かかってこいよ、と訳されることが多いみたいだけれど、

このノートを綴る心情も考慮するならば、「バッチ来い」の方が合っている気がするな。

訳語としては、汎用性がないからダメだけれど。

もしくは「受けて立つ」かな。

「受けて立つ」出来事を綴るノート。

そんなノートを綴るひとの人生はハードモードな感じがするけれど、

本当に勝負しないといけない戦いというのは、いつだって招待される感じがあるから、

転機の時には、誰もが手に取る可能性のあるノートなのかもしれないな。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。