Featured Posts

23. März 2021


いつかの春。


晴明の校正が続く。

表紙のデザインが送られてくる。

とても綺麗。

マットな仕上がりでお願いする。


編集者の人の教養の高さに惚れ惚れする。

サンスクリット語のスペルのaとoを直してくれるところとか、もう凄すぎて笑ってしまう。

中国語のピンインも直してくれたし、日本語の読みをちょっと打ち間違えていたのも直してくれた。

本当にすごい。

こういう人とお仕事をさせてもらえることが本当にありがたい。

謝辞できちんとお礼を述べているけれども、彼の助けがなければこの本は完成しなかったでしょう。

89歳の人の本も担当していて、今日の午後はその本をその人に届けるのだとメールがあった。


この編集者の人は、日本が好きで、よく旅行に行っていたのだそう。

好きということには力があるのだな、としみじみ思う。


土岐さんの声に聴き惚れる。

この歌は、とても好き。

ちょっと切ないけれども。



今日も良い1日でした。




Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。