Featured Posts

Habilitation

いつか、ウィーンでもお庭のある家に住んで、お花やハーブを育てて暮らしたい。

その日のために、イギリスでハーブに関するちょっとした資格を取得して、お茶を配合することはできるようになった。

『魔女の宅急便』に「くすりぐさ」のお話が出てくるけれども、あの感じが好き。

植物を育てたいなあ。

国籍だとか、ジェンダーだとか、年齢だとか、肩書きだとか、そういうことの枠組みの中で生きていると、自分の能力や個性や夢を生きることができない。

みんな、いつかは棺桶に入る。

それを想像することは悪いことでも不吉なことでもなくて、自分が終わることを想像した時に湧いてくる、

自分への執着、生まれてくる欲求、希望を生きることが、生きている間の仕事のようなものだと思っている。

自分の成長のために生きている。

私は、やっぱりドイツ語圏の歴史学で教授資格を取ろうと思う。

そのために磨いてきたドイツ語。

そのために積み上げてきたドイツ語での著作。

それが、来年の春先までの目標。

その先にも目標が続いている。

自分の才能を生きること。

この一年で、それらの目標を達成するためにならないことは、終わりにする。

叶えたいことがあれば、一人でも始めるし、一人でも進む。

一人は、平気。

私にとって、一番の問題は、自分と友人でいられなくなること。

生まれついた自分を生きましょう。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。